banner

給食室より

image

 2月4日は立春、こよみの上では春ですが、実際はまだまだ寒い日が続きそうです。今年はインフルエンザが流行していますが、手洗いとうがいをしっかり行い、食事をしっかりとり、体の免疫力をアップさせてのこり少ない三学期を乗り切ってほしいと思います。

1月の献立

image

image

11月1日~9日の食材の産地

食材産地食材産地食材産地
にんじん北海道りんご青森干し椎茸熊本
たまねぎ北海道西洋なし(ラ・フランス)長野車麩新潟
にんにく青森  梅干し和歌山
しょうが熊本  豆腐佐賀
キャベツ東京・群馬山形わかめ徳島
こまつな東京・群馬食パンアメリカ・カナダレンズ豆アメリカ
ほうれんそう茨城スパゲティアメリカバター北海道
はくさい   ダイストマト缶イタリア
だいこん青森  トマトピューレチリ
ごぼう埼玉鶏肉岩手はちみつアルゼンチン
もやし栃木豚肉群馬ヨーグルト北海道
きゅうり群馬 パイン缶インドネシア
たけのこ愛媛焼き竹輪インド・タイ黄桃缶岡山
じゃがいも北海道さばノルウェー大豆北海道
さつまいも茨城・石川  ドライパセリアメリカ
さといも   昆布北海道
かぶ千葉  生揚げ佐賀
カリフラワー新潟  みそ富山・長野
セロリ山形  グリンピースニュージーランド
さやいんげん千葉  ひよこ豆アメリカ
れんこん茨城  ホールコーン北海道
かぼちゃ北海道  クリームコーン北海道
パセリ茨城  生クリーム北海道
      

給食食材の放射性物質検査結果

 

放射能 <単位:ベクレル/キログラム>

給食実施日

ヨウ素131

セシウム134

セシウム137

セシウム合算値

2018年10月4日

不検出(<25)

不検出(<10)

不検出(<10)

不検出(<25)

・測定下限値(検出できる最小の値)について
※ヨウ素131及びセシウム合算値の測定下限値は、25ベクレル/キログラムです。
※セシウム134及びセシウム137の測定下限値は、個々の検体によって変わります。
・一般食品の規制値(100ベクレル/キログラム)の1/2である50ベクレル/キログラムを、スクリーニングレベルとして設定しています。
・測定下限値以上スクリーニングレベル(50ベクレル/キログラム)以下の場合の測定値は、参考値です。