banner

※「やぎのページ」がリニューアルしました。過去の「やぎのページ」はこちらからになります。

やぎのページ

ハッピーとスマイルについて!

誕生日 ハッピーは2011年8月、スマイルは2013年2月1日
性別 ハッピーもスマイルも雌です。スマイルはハッピーの子どもです。
種類 ハッピーはトカラヤギ、スマイルはシバヤギとトカラヤギのミックスです。
東戸山小学校に来た日 2011年10月11日(ハッピー)
名前の由来 全校から募集し、低学年の多数決で決めました。「幸せになってほしい」「幸運に恵まれてほしい」「私たちに幸せをくれる」などの願いが込められた名前です。
故郷 ハッピーは埼玉県の吉田牧場、スマイルのパパは農工大の「なおくん」です。
好き 人間、ごはん、ブラッシング、高いところ。ヤギはさみしがりやで、どちらか片方が居なくなると、鳴いたり走って追いかけたりします。
嫌い 水分(雨や湿気)、大きい音、
病気 具合は糞の様子で分かります。ポロポロしているものが健康です。水分が多く、いくつかの糞がくっついていると体調が悪い兆しです。

image

image

image

image

毎日、1,2年生の子供たちや他学年、地域のボランティアの方がお世話をしてくれています。

ヤギのお世話の手順

お世話の流れは以下のようになります。
午前の部
①午前8時頃 小屋の掃除をします。
②エサやりをします
③時間があれば、散歩をします。
午後の部
④夕方5時頃に、掃除をしてエサをあげます。(※時間があればお散歩もお願いします。)

それぞれ、説明をしていきます。

①小屋の掃除
・小屋の中のすのこ、バケツ、えさ箱を出します。
・ほうきで、糞をちりとりに集めます。こぼして汚したエサなども一緒に集めます。
・集めた糞は、ゴミ箱に入れます。
・小屋の中にある水道を使って水を蒔きます。尿を洗い流すようにします。(床が汚れているときのみ)
・こびりついた汚れをデッキブラシでこすります。(床が汚れているときのみ)
・きれいに流します。残った水は、水切りで、排水溝へ押し込みます。(床が汚れているときのみ)
・すのこをデッキブラシで洗います。この時に、排水溝に流さず、土の上で水を流し洗ってください。排水のマスがすぐに一杯になってしまうためです。
・ほうき、ちりとり等、汚れた用具も洗います。
・洗ったものを、干します。サービスセンターの近くの壁に立てかけると、陽が良く当たり衛生的です。

image

image

image

②エサやり
・わらがポリバケツに入っています。
・土手の草木が好きです。落ち葉も好きです。
 特に、サクラ、カエデ、クズ、クワ、笹、猫じゃらし(などイネ科の植物)の葉が好きです。
・野菜の端切れ(キャベツ、ニンジン、リンゴなど)も食べます。ご家庭で出た場合は、ぜひ学校へお持ち下さい。しかし、水分が多い白菜、大根の葉などは、体に良くないので与えないでください。
・有毒な植物もあります。
 校内では、スイセン、ツツジ、ナンテン、アジサイ、月桂樹がありますので、ご注意下さい。基本的には、ヤギは自分で判断できますが、お腹が空いていると食べてしまいます。
 また、紙はのりなどで形成しており、印刷物はインクが有害なため、食べさせられません。

image

image

image

③日中の放牧
・エサが十分にあれば、おとなしくしています。ずうっと食べています。
・放牧場の扉は、開けられないように南京錠を閉めます。たまに頭で押し開けようとします。
・小屋の中に専用のブラシがあります。ブラッシングしてあげると喜びます。
・時間があるなら、リードをつけて土手に散歩に行くと喜びます。ただし、行き先をコントロールすることはかなり難しいです。リードを引いても、ふんばります。また、歩きながら糞をするので、ほうきとちりとりを持って行き、運動場など人が使う場所に糞をした場合は掃除が必要です。それと、上記の有害な植物に気をつけてください。

image

image

④小屋を閉める。
・すのこ、飲み水のバケツ、十分なエサをハッピーとスマイルにそれぞれ用意します。
 わらと野菜の端切れや草木を一緒に入れないようにしてください。わらの水分が移ってしまい、腐ってしまいます。

image