banner

第3学年 研究授業実践報告

分科会の目標 

・思いや考えを相手に工夫して伝えようとする。

・相手の気持ちを考えて聞き、自分との共通点や違いを認める。

 

 

単元名

読んで、かんじたことを発表しよう

 

手立て

・「ぼく」はトラノスケが何を言いたいと思ったのかを、焦点化して考えらえるようにする。

・前時の板書を撮影した写真を掲示することで、振り返りながら授業を進められるようにする。

・友達の考えを聞くときに、自分との共通点や違いを認められるような聞き方のポイントを提示する。

授業の様子

image

image

image

image

 相づちの打ち方や質問の仕方をまとめた「聞き手マスターカード」を日常的に活用することで、本時でもよい聞き方をできる児童が多かった。しかし、本時では、友達の考えとの共通点や違いを見つけた際に、どのように反応や発言をしたらよいかを理解していない児童が少なくなかった。前時までにその方法について話し合ったり、本時の導入で確認する必要があった。