banner

インターネットをたのしくつかうためのやくそく


1.学校(がっこう)でホームページをみたり、メールをつかうときは、かならず先生(せんせい)に許可(きょか)をもらいます。
パソコンをつかうときも、かならず先生(せんせい)の許可(きょか)をもらいます。


2.ホームページをみたり、メールをつかうときは、自分(じぶん)やほかの人(ひと)の名前(なまえ)、住所(じゅうしょ)、電話番号(でんわばんごう)、学校(がっこう)の名前(なまえ)をおしえてはいけません。
おしえないといけないとおもったときや、おべんきょうのためにひつようなときは、かならず先生(せんせい)にそうだんしてから、先生(せんせい)が許可(きょか)したことだけをおしえます。


.お買(か)い物(もの)をするホームページや「ダウンロード」や「Down load」という文字の書いてあるホームページでは、むやみにクリックしてはいけません。
もちろんわざと物(もの)を買(か)ったり、ゲームのプログラムなどをダウンロードしてはいけません。


4.ホームページやメールで、ほかの人(ひと)をばかにしたり、わるぐちを言(い)ったり書(か)いたりしてはいけません。
インターネットの世界(せかい)もみんなの住(す)んでいるところと何(なに)もかわりはありません。わるぐちが書(か)かれていたりやおとなの人(ひと)がみたりするホームページをみつけたら、左上の「戻る(もどる)」ボタンを押(お)して、先生(せんせい)にしらせます。


5.知(し)らない人(ひと)からきたメールやファイルは、ぜったいにクリックしない。先生(せんせい)にそうだんします。


6.ホームページやメールには、自分(じぶん)や友(とも)だちの写真(しゃしん)やうごく絵(え)をのせません。
アニメキャラクターやほかの人(ひと)の書(か)いたり作(つく)ったりしたものも、かってにつかってはいけません。



7.ほかの人(ひと)のふりをして、メールをだしたり、ホームページに書(か)きこんだりしてはいけません。

8. コンピュータが動かなくなったらすぐにせんせいをよびます。

9. マウスのマークが砂時計(すなどけい)になったら、動かさない。

10.せんせいの机(つくえ)の機械(きかい)にはぜったいさわらない。


コンピュータは、だれが、いつ、だれに、なにをしたかを記録(きろく)しています。

 

約束(やくそく)を守(まも)らないと法律違反(ほうりついはん)になることもあります。