banner

授業へGO‼・220

image

2年2組図工 指導者YM教諭

image

6年2組 理科 教科担任制なので、指導者はST教諭

image

1年1組 帰りの支度

image

3年2組 体育

image

4年算数少人数 指導者IA教諭

image

4年算数少人数 指導者AT教諭

image

5年2組家庭科 指導者YT教諭

image

柏葉学級 朝の会

image

全校朝会が終わって、教室まで帰ります。

授業へGO‼・219

image

4年2組係り決め 指導者IA教諭

image

4年1組国語 指導者AT教諭

image

5年算数少人数 指導者KR教諭

image

5年算数主人数 指導者IT教諭

image

5年算数少人数  指導者TE教諭

image

3年1組 体育

image

2年1組国語 指導者KY教諭 TTAM教諭

image

柏葉学級 朝の会

image

2年2組算数 指導者 KK教諭

給食、もろもろ始まりました。

image

1年1組 連絡袋のしまい方

image

1年2組 学校のきまりについて「

image

3年1組 社会 指導者AH教諭

image

4年算数少人数 指導者IA教諭

image

5年2組 社会 指導者IT教諭

image

6年1組 特括 係り決め

授業へGO!!・218

image

「美しい声」を自分たちでも

image

出せるように、いろいろ考えて歌います。

3月7日(水)3年2 音楽科 指導者SA教諭

単元名「美しい声で歌おう」

「美しい声」といっても、聴くのと、歌うのでは違います。上手な演奏や歌声は、子どもも聞けば分かりますが、実際に、自分でやってみると難しい。

やはり、歌うにも「技術」は必要です。そういった意味では、先日ご紹介した図工の授業と似ています。

今回の単元で、SA教諭が用意した題材は「もののけ姫」。その理由は、

①局そのものが有名で、皆一度は、聞いたことがある。

②低いドから高いミまであり、高音が出しやすい配列である。

③歌っている歌手の発声法が児童に近い。

などだそうです。確かに、途中から、頭声的発声をしないと歌えません、そこから、美しい声を体現させていきます。3年生、かなり頑張っていました。柏木子ども園との3歳児さんとの交流で、「もののけ姫」を歌ってあげていました。自信がついたのかな?

image

スゥエーデン刺繍のコースター作り

image

かなり集中して、取り組んでいました。

3月7日(水) 生活単元 柏葉学級 Cグループ 指導者T1 YM教諭 T2・T3 KR教諭・SK教諭

単元名「すてきなコースターをつくろう」

柏葉学級では、生活単元の一環として、年間を通して、週に1,2時間、スゥエーデン刺繍に取り組んでいます。手先の巧緻性を高め、作品を仕上げた充実感を得られるよい教材です。

今回は、低学年の児童を中心に、コースターに自分のデザインした模様を刺繍していきます。

こまで、直線に刺繍はしてきましたが、コースターの真ん中に刺繍するので、布を反転させて、刺繍するなど、これまでと勝手が異なります。

5時間目の授業えしたが、よく集中して、ほどんどの子が仕上げていました。スゴイ‼!

終わった後、皆、満足気でぃた。頑張りました‼ エライ‼

 

授業へGO!!・217

image

「間の数」の学習です。

image

実際に、自分たちでやってみます。

3月7日(水)3年算数少人数 指導者EF教諭 

単元名「間の数に目をつけて」

今回の課題はこうでした。「E先生が来年の運動会のダンスを考えています。間を2mあけて4人並ぶと、列の長さは何mになりますか。」

問題文をパッと読むと、2×4=8 8mとなります。多くの子どもtちが、そう答えていました。そこで、実際に、自分たちで並んでみて測定。それが、上の写真です。「あれ~、6mだぁ。」「なんで~。2×4じゃない~。」という声が聞こえてきました。「間」の数だからですね。このあと、子どもたちは、自分たちが実際に測った様子を図で表し、人の数ではなく、「間」の数を数えることを確認していました。

image

数種類のくぎを用意し、長さに応じた使い道を説明しています。

image

くぎを押さえる手に軍手、安全メガネもバッチリで、くぎ打ちに挑戦

3月7日(水) 3年2組 図工科 指導者SK教諭

単元名「くぎ打ちトントン」

低学年では、これまで紙を題材にした工作が多かったですが、3年生のこの時期、「木」という新しい材料と出会わせて作品作りを行います。図工作品を制作するにあたっては、考え、想像できることも大切ですが、それを形にする「技術」も必要になります。今回の授業では、「木」に加え、「くぎ」「金づち」。初めて使う子どもがほとんどではないでしょうか。写真のように、安全対策、指導を十分に行って、チャレンジさせます。中には、こわごわ取り組む子もいるのですが、くぎを自分で一本打てると、途端に、笑顔になります。「やった」という充実感なのでしょう。

子どもたちが、真剣に取り組む顔は、本当に素敵です。確実に「技術」を入れていくことで、自分の「作りたいもの」が「作れる」。それが、図工の楽しさにつながっていきます。

 

授業へGO!!・216

image

柏葉学級 平成30年度カレンダー製作

image

2年1組 算数 箱の形の学習

image

1年1組 算数 形づくり

image

1年2組 図工 指導者YM教諭

image

4年2組 図工 指導者SK教諭

image

4年生 音楽 ミニコンサート練習

授業へGO!!・215

image

6年1組 社会

image

5年生 算数少人数

image

2年2組 図工 指導者YM教諭

image

3年1組 国語

image

日本語指導

image

まなびの教室

image

5年1組 英語活動

image

4年生 ミニコンサート練習

image

2年生 6年生を送る会練習

授業へGO!!・214

image

1年生 6年生を送る会準備

image

5年2組 社会 教科担任制なので指導者はIT教諭

image

4年生 算数少人数 指導者はST教諭

image

2年1組 6年生を送る会準備

image

3年2組 理科

image

3年2組 図工 指導者SK教諭

授業へGO!!・213

image

2年1組 算数の授業

image

2年2組 国語の授業

1月31日(水)第5校時 2年1組 算数科 指導者 KR教諭 

単元名「分けた大きさのあらわし方をしらべよう」

分数の素地を育てる単元です。KR教諭は、紙粘土で作ったおせんべいを、2人一組に渡し、「仲良く半分こ」するように指示をだしました。子どもたちは大喜び。でも、うまく割らないと、「半分」になりません。慎重に慎重に「パリッ」と割っていました。KR教諭が、「ほんとに仲良く分けられた?」と問うと、お互いのおせんべいを重ねて、「ぴったり」「ちょうど半分!」などの声が聞こえてきました。ここで、「半分」は、基の大きさの2分の1であることを押さえます。

その後、折り紙を使って、2分の1を作る作業をしました。

 

2年2組 国語科 指導者IA教諭

単元名「ようすをあらわすことば」

ザーザー、フワフワ、ビューンなどなど、様子を表す言葉の学習です。

教科書を読み、そこに出て来た様子を表す言葉を3種類に分けていきます。主なものは、

①言葉の響きで、様子を表す言葉

②どれくらいかで、様子を表す言葉

③たとえで、様子を表す言葉    です。この分類は、結構難しかったようです。最後は、絵を見て、自分たちで、様子を表す言葉を考え、文章を作成しました。

 

授業へGO!!・212

image

1年1組 特別活動の授業

image

1年2組 算数の授業

1月31日(水)第5校時 1年1組 特別活動 指導者AT教諭

題材名「学級の活動を活発にしよう」

特別活動は、自分たちで学校生活をよりよくしていくための授業です。今回の1年1組の特別活動は、掃除についててでした。自分たちで、教室の清掃活動に取り組み、それを発表し合い、お互いに知ってもらうことにより、共感的な学級の風土を培います。

学校生活において、これはすごく大切なことです。お互いに認め合える雰囲気は、教師が創っていかなければ生まれません。それが、単に「授業」だけが求められるのではない、日本の教育の特徴です。「学級経営」という言葉で、教育界では使われる言葉です。1年1組の子どもたちは、互いの掃除の頑張ったことを素直に受け入れていました。

 

1年2組 算数科 指導者KY教諭 

単元名「かたちづくり」

身の回りにあるものの形についての学習です。図形の第一歩ですね。

子どもたちの大好きなポケモンボールを開くための「鍵穴」を図形シルエットにして提示しました。子どもたちは大喜び。KY教諭の教材提示の素晴らしさです。こどもたちは、その「鍵穴」を開けるべく、シルエットの図形になるように、、三角や四角の色板を試行錯誤しながら、並べていました。

最後は、「鍵穴」の見せ合いっこ。同じ鍵穴でも、三角や四角の組み合わせが違います。友達のを見て、「同じ」「違う」

などと言い合いながら、学習を進めていました。

 

授業へGO!!・211

image

2年生に披露する「アロハ・エ・コモ・マイ」の鍵盤ハモニカの練習

image

リコーダーは自分たちの演奏したい曲で、グループ練習。このグループは「ゲゲゲの鬼太郎」です。

1月24日(水)第3校時 音楽科 指導者 SA教諭  

単元名「リコーダーの発表をしよう」

学年のまとめの時期です。その成果を自分たち自身が実感することもとても大切です。学風を積み重ねれば(当然、努力が必要です)、確実に成長する、ということを自分で理解することが、次の学習への意欲になります。 

SA教諭は、鍵盤ハモニカで練習してきた「アロハ・エ・コモ・マイ」を2年生に聞かせてあげよう、という意欲付けをしながら、自分たちの練習の成果を披露するようにしています。

SA教諭もそうですが、本校の教員は異学年同士の交流をたてわり班活動以外の普段の授業の中でも多く組んでいます。それにより、下学年が上学年に憧れる風土が生まれているのかな、と思います。

めあてがはっきりしているので、子どもたちは、とても意欲的に学習をすすめていました。

授業へGO!!・210

image

まずは、前時の振り返りからスタート

image

問題に真剣に取り組みます。

1月17日(水)第2校時 算数少人数 指導者KY教諭  

単元名「比べて考えよう」

百分率とグラフの学習です。日常生活でも多く目にする百分率。それとセットになるのが、円グラフや帯グラフなどのグラフです。子どもたちは、社会科の資料集などで、これらのグラフを活用して、学習しているので、慣れていました。

 帯グラフも円グラフも大きな数値のものから並んでいます。しかし、最後の「その他」の項目も数値が大きいです。これは、なぜか?の問いに、自分たちで言葉を繋いで説明することができました。

2つのグラフの特徴や共通点を見出しながら、学習をすすめることができました。

 

授業へGO!!・209

image

5年生になると、「書く」内容も難しくなります。

image

自分たちの書いた文章をペアで聞き合います。

1月16日(水)第2校時 5年1組 国語科 指導者 T1IT教諭 T2OJ教諭

単元名「グラフや表を用いて書こう」

単元名からすると、社会科のようですが、国語です。5年生になると、書く内容もむずかしくなるなぁ、と思いながら、授業を見ていました。

自分で、いくつかの表やグラフを選択し、そこから、考えれることをまとめて書いていく単元です。研究論文を書く手法ですね。データを読み取り、そこから、自分で仮説を立て、推論を述べていき、データを根拠の使う、という流れです。

当然、いきなり文章にはできませんから、メモ作りから始めて、段々に文章を膨らませていきます。

まずは、しっかり、自分で書く。5年1組の子どもたちは、IT教諭やOJ教諭に助言してもらいながら、書いていました。

最後は、自分の書いた文章を、隣の児童に聞いてもらう。意味は通るか、流れはいいか。独りよがりの文章になっていないか。そして、さらに推敲です。

授業へGO!!・208

image

書き初めです。

image

子どもたちは、真剣に取り組んでいました。

1月11日(水)第3校時 書写 指導者 YT教諭

単元名「書き初め」

4年生の文字は「美しい山」。漢字と平仮名のバランスをとる題材です。

YT教諭は、一文字一文字の毛筆のポイントを丁寧に指導するとともに、通常よりも大きな半紙を使い方も丁寧に指導していました。

まずは、半紙を4分割に折りますが、その枠は大体の目安で、漢字の「美」「山」は大きく、その分のバランスを平仮名で取る、ということを気づかせながら、学習を進めていました。

 どの子どもも真剣に学習に取り組んでいました。4年生になると、習字道具の扱い方も慣れたものです。着実に高学年なっていくな~、と感じました。

 

image

友達と意見交換

image

しっかりと、自分で考えたまとめをノートに書きます。

1月11日(木)第4校時 算数 指導者 KY教諭

単元名「量の単位のしくみを調べよう」

6年生のこの時期は、6年間の学習のまとめになります。本日は、面積の単位のまとめ。

面積の単位には、c㎡、㎡、a、ha、k㎡等々、いろいろあって、結構、混乱します。KY教諭は、長さの単位を基に考えさせていきました。

まず、子どもたち自身が、学習のめあてを ①単位同士の関係を明確にする。

                           ②場に合った単位を有効に使いこなす。 

と設定しました。まず、①の解決。そのために、上で書いたように「長さ」を基にして、考え、整理させていきました。

例えば、1cmの100倍が1mだから、1㎡は11c㎡の100×100で10000倍の10000c㎡。というように。長さを基にしていけば、面積の単位の関係性もはっきりしてきました。

そして、②。関係性のはっきりした単位が有効に使いこなせるかどうか、自分たちでの問題づくり。例えば、校庭の広さを求めには、どの単位をつかったらよいか。などなど。

子どもたちは、友達と意見交換しながら、自分たちで学習を進めていました。

授業へGO!!・207

image

まずは、ペアで自分の考えを説明します。

image

友達の考え方を聞きながら、検討します。

1月9日(火)第2校時 5年算数少人数 指導者EF教諭 

単元名「比べ方を考えよう」

割合の学習です。子どもたちがよくつまづく単元です。割合には、歩合や百分率があり、単位も代わります。また、基準量や比較量、割合と3種類の数値の関係をしっかり把握しなければなりません。

これが、結構こんがらがってしまうようです。そのために、授業では、数直線をかいて、図にして3つの量を、目に見える形にしています。慣れないと、数直線を描くのは大変なのですが、慣れてしまうと、使えるアイテムにないrます。6年生で学習する分数の乗除法でも重宝します。この日の授業でも、EF教諭は、数直線を描かせ、その関係を子どもたちに考えさせていました。

高学年いなると、抽象的な思考を求められてきます。それを、きちんと筋道立てて考えていくには、図などを描いて、段階的に考えられる思考力が必要です。

ただ単に、式・答えが分かればいいというのでは、中学校・高校の数学につながっていきません。

授業へGO!!・206

image

2年1組音楽 指導者SA教諭

image

5年1組理科 教科担任制なので指導者はKY教諭

image

6年1組家庭科 指導者YT教諭

image

4年1組体育 跳び箱

image

1年2組算数

image

3年2組国語

授業へGO!!・205

image

1年2組 体育

image

2年2組 生活

image

日本語指導

image

3年算数少人数 指導者SY教諭

image

6年1組 体育

image

2年1組 図工 指導者YM教諭

授業へGO!!・204

image

2年2組 本の読み聞かせ

image

2年1組 算数

image

4年1組 体育 高跳び

image

3年1組 体育 小型ハードル走

image

5年1組 英語活動

image

1年1組 国語

授業へGO!!・203

image

5年算数少人数 指導者FE教諭

image

1年1組 みんなで上り棒 寒いのに裸足!

image

2年1組図工 指導者YM教諭

image

3年2組 総合的な学習の時間 町探検のまとめ

image

6年2組社会 教科担任制なので、指導者はKY教諭

image

6年1組理科 教科担任制なので、指導者はKK教諭

授業へGO!!・202

image

4年算数少人数 友達同士の教え合いも

image

2年2組 音楽

image

6年1組家庭科調理実習 担任のKY教諭も参戦

image

5年1組理科 教科担任制なので、指導者はKY教諭

image

日本語指導

image

3年2組理科 木の観察も兼ね、落ち葉拾い

授業へGO!!・201

image

4年2組 国語

image

5年2組 図工

image

5年1組 図工

image

まなびの教室

image

1年1組 英語活動

image

4年1組 体育

授業へGO!!・200

image

バスケットボールの授業でした。

image

グループでの振り返りも、みんないい表情です。

10月18日(木)第5校時 6年2組 体育科 指導者 KK教諭  

単元名 ボール運動 ゴール型「バスケットボール」

子どもたちの好きなバスケットボールの授業です。パスやドリブルでボールを運び、攻めや守りを工夫しながら、ゴールにシュートし、得点を競うゲームです。攻守の入れ替えがはやく、展開が目まぐるしく変わるので、子どもたちも飽きずに取り組むことができます。

ただ、技能の差が生じやすく、苦手な子どもは意欲を失いやすい運動でもあります。個人の技能に頼りすぎず、チームでの技能や作戦を工夫することで、強くなることも目指しながら、授業を展開します。

やはり、ボールの扱いは、男子のほうが手馴れています。カットやブロックで、ボールを獲ったら、素早く、ゴール下にいる女子にパスをするなど、工夫していました。せっかく、いいパスがとおっても、ゴールが決まらず、残念!な場面もあったのですが、男子が「ドンマイ!」などの声をかけ、続けてパスを出す姿に、成長を感じました。

バスケを見ると、スラムダンクを読みたくなります。

授業へGO!!・199

image

和太鼓での交流学習です。

image

柏葉学級の児童と一緒にぶち合わせ太鼓を叩きます。

10月17日(火)第3校時 総合的な学習の時間 柏葉学級(3~6年生) 5年1組

              指導者 T1 SK教諭  T2 KR教諭  T3 IT教諭

単元名「5年生と一緒にぶち合わせ太鼓をたたこう」

「ぶち合わせ太鼓」は、3人一組になり、フォーメーションを変えながら、太鼓を叩いていきます。叩くうちに、段々、リズムが速くなり、叩いているほうも、聞いているほうも盛り上がっていきます。

5年生の児童の中には、初めて太鼓を叩く児童もいたかもしれません。運動会でのソーラン節の表現も、子どもたちは大好きでした。今回の和太鼓の授業を見ていても、やはり、日本の伝統文化は理屈関係なく、人を引き込む力があるな、と感じました。

 隊形変化等、練習が必要なものではありますが、和太鼓を叩く気持ちよさや、リズムに乗る高揚感は、どの児童も味わえたのではないかと思います。

柏葉学級の児童と一緒にできるのも、本校のよさだと思っています。

授業へGO!!・198

image

「計算のきまり」の学習です。

image

ハンバーガーショップでの買い物の場面で考えます。

10月12日(水)第5校時 4年算数少人数 指導者 OA教諭  

単元名「計算のきまり」

計算の順序に関わるきまりについての学習です。今回の授業は、ハンバーガーショップに行って、500円以内で買い物をする、という想定での学習です。

値段設定は、それぞれ決まっており、自分の好きな組み合わせを選んで、式に表します。

例えば、テリヤキバーガー 190円  ポテトのM 220円を選択した場合。

     ①500-190-220=90 おつり90円

     ②190+220=410

      500-410=90    おつり90円

というどちらかの式になります。しかし、子どもたちはいろいろ考えます。こんな式がでました。

      500-190+220  でも、ここで、おつりが90円にならないので、この子は迷ってしまいました。

ここから、授業をつなげます。 ②の式のように、先に買ったものをまとめたかったんだよ、という意見ができました。

じゃあ、この式で190+220を先にやるには? 子どもたちの中から、2年生に習った(  )を使ったら?

友達と相談しながら、学習をすすめていました。

image

様々な場の設定をします。

image

振り返りもしっかりします。

10月11日(水)第4校時 4年1組 体育科 指導者ST教諭

単元名「幅跳び」

幅跳びの学習です。跳ぶためにいくつかポイントとなる動きがあります。そのポイントとなる動きに応じた場の設定を準備していました。踏切板をつかって、踏切を強くする。跳ぶまえの1・2・3のリズムがとりやすいように、ミニハードルを準備する。 

4年1組の子どもたちは、それぞれに自分の課題を明確にもって学習していました。えらいな~、と思ったのは、友達同士がよく声を掛け合っていることでした。同じグループの友達に、もっと踏切強く、とか、リズムいいよ~。等々アドバイスを送っていました。アドバイスできるのも、動きのポイントが分かっていないとできません。友達の動きを見るのも学習です。

最後は、記録。グループで役割分担しながら、自分の記録更新に向け、頑張っていました。

授業へGO!!・197

image

実際に、長方形、正方形をつくります。

image

自分たちで、折ったり、測ったりしながら確認です。

10月3日(火)第4校時 算数科 指導者 KR教諭

単元名「長方形と正方形」

まずは、復習タイム。「20」の合成を順番に言っていきます。KR教諭がカードを提示。例えば、そのカードに「16」と書いてあったら、「4」と答えます。合わせて「20」になる数を答えていくのです。20までの計算は、かけ算九九と同じで暗記です。2年生のこの時期に、指を使っていては、これから学習する九九も厳しくなってきます。子どもたちは、テンポ良く答えていきました。

そして、いよいよ、図形の学習。前時は、「長方形」の学習でした。長方形の特徴を確認します。

①向かい合っている辺の長さが同じ ②4つの各は直角 三角定規で確認していきます。

今日は、長方形から、正方形を作って、その形の確認です。KR教諭が、一人一人に、長方形の形を配り、そこから、正方形を作っていきますが、結構、これが、みんな苦戦していました。出来上がった形から、正方形の特徴を確認しました。

授業へGO!!・196

image

5の合成 いくつ と いくつ を考えます。

image

いろいろなパターンがあるね。

9月27日(水)第3校時 柏葉学級 算数科 指導者 Aグループ YE教諭 

単元名「いくつ と いくつ」

まずは、さいころゲームをしました。2つのさいころを振り、数の合成を答えました。大きい数同士が出たときは、数えながら発表です。10を超える「いくつ と いくつ」の練習ですね。

次は、5の合成を考えます。はじめに、ブロックを使って分けた後、数字でも考えていきます。 

一人一人、前に出て考えました。数の概念は、半具体物(おはじきやブロックなど)と数字が一致することから始まります。

それがなくて、計算だけさせても、身に付きません。積み重ねていくうちに、着実に力になっていきます。

image

一日の時間の流れの学習です。

image

j時刻と時間って、子どもにとっては、難しいです。

9月27日(水)第3校時 柏葉学級 算数科 指導者 BCグループ KR教諭  

単元名「時刻と時間」

まずは、時計のめもりを読んで、ウォーミングアップ。5とびの数で「分」のめもりをよんでいきます。

だいぶ、みんなよめるようになってきました。

次は、もうすぐ出かける女神湖の宿泊学習の一日の流れを、ながーい線にして、表します。そこから、1時間前、1時間後をみていきます。これが、結構難しい。 

時刻と時間は、子どもにとって難しいものの一つです。まずは、60進法、そして、午前・午後などなど、、、。

単純にスパッとよめないのも、難しいのでしょう。ですが、日常に一番密接な単位でもあります。生活の中で、実家していけるといいです。

授業へGO!!・195

image

「ふるさと」を歌います。高い音も頑張っています。

image

鍵盤ハモニカを準備するのも、だいぶ早くなりました。

9月26日(火)第4校時 2年1組 音楽科 指導者SA教諭

単元名「ようすをおもいうかべよう」

20周年記念式典で、全校合唱する「ふるさと」。低学年には、難しい歌詞ですが、SA教諭は、きちんとその意味を考えさせながら、歌わせます。歌詞の中に、「ここはふるさと」という箇所があります。SA教諭が「ここはふるさと」っていうけど、どこなんだろう?」と問うと、「柏木小」と答える子どもたち。さらに、「みんなにとって、柏木小はふるさとなの?」と重ねて聞くと、「う~ん。まだ、2年でぃか通ってないからな~。」「6年生は、もうふるさとだよ~。」と口々に答えていました。

子どもの素直な考えなのでしょう。可愛いですよね。2年生は、2年生なりにきちんと考えていたり、感じたりしています。そこをきちんと押さえて指導していました。

image

3桁×1桁の計算です。

image

マス目を意識すると桁もそろいます。

9月27日(水)第1校時  3年算数少人数 指導者SY教諭

単元名「かけ算のひっ算としかたを考えよう」

3桁×1桁のひっ算の計算のしかたです。

 634 × 4 を 全員でかんがえます。  600 × 4 = 2400

                             30 × 4 =  120

                              4 × 4 =   16

すべてをたして、2536になります。これをひっ算で計算です。いざ、やってみると、書く途中の桁がずれてしまい「?」になったりしましたが、上の計算に戻って、どこに書くのを確認しながら、全員解いていきました。

意味が分かったあとは、慣れるための計算練習しかありません。SY教諭が、一人一人に丁寧に声をかけ、全員頑張って取り組んでいました。

授業へGO!!・194

image

今日の学習は図形です。

image

図形の本格的な学習のはじまりです。

9月26日(火)第2校時 2年2組 算数科 指導者IA教諭

単元名「長方形と正方形」

三角形・四角形の構成要素についての学習です。三角形、四角形の定義を2年生では習います。

 3本の直線で囲まれた形を三角形といいます。

 4本の直線で囲まれた形を四角形といいます。

三角形、四角形についてはこれがずべてです。定義は極めてシンプルです。直線と直線が交わった箇所が「頂点」で「角」ができます。はじまりは、直線から。しかも、しっかり囲まれていないと、図形にはなりません。

 ワークシーにかかれた8この形が三角形か四角形か、それとも何でもないか、それぞれ、理由も含めて考えていました。2年生なりに、論理的に考える思考をしていました。

image

疑問に思ったことは、先生に確認に行きます。

image

みんなの前で、発表するのも慣れてきました。

9月26日(火)第3校時 1年2組 算数科 指導者KY教諭

単元名「たしざん」

繰り上がりの学習に入っています。昨日は、9+4の計算をしていました。

今日は、「8+3」。子どもたちは、それぞれに8+3の計算の仕方を考えました。発表の中で、昨日は、9に1をたして「10」をつくったので、8に「2」をたして「10」をつくります。という声がありました。

前の学習をきちんと生かして、新しい問題を考えています。スゴイことです。ノートの取り方、発表の仕方、話の聞き方、すご~く成長しました。4月と比較すると、小学生の顔です。

1年生の計算では、10の補数をすぐに言えることがとても大切です。いわゆる「いくつ」と「いくつ」で「10」というもの。

これは、もう暗記です。かけ算九九と同じように、暗記してしまう。これしかないです。

授業へGO!!・193

image

ホワイトボードで、自分の考えを説明したり、

image

実際に、ブロックで確認したりしています。

9月21日(木)第2校時 算数科 指導者AT教諭

単元名「たしざん」

1位数どうしの繰り上がりのあるたし算の学習です。文章題から、9+4 の式を導き出し、計算の仕方を考えます。

 この時期の算数は、数字を実態としてとらえているか、いないかが、とても大きいです。単に「9」と言われて、具体的に頭の中に、例えば □□□□□ □□□□ などの図が浮かんでいる子どもは、その後の計算も早いです。「9」を実態として捉えられているからです。しかし、実態が捉えられていないと、「9」はただの記号です。ですから、実態にするために、「指」で数えます。指で数えている子どもたちの多くは、数を「実態」として捉えられていません。

実態で捉えるためには、物をよく数えること。是非、ご家庭でも、取り組んでみてください。

授業では、9 + 4は 指やブロックで、数えていてもできるけれど、9に 4から 1をあげて、「10」のまとまりをつくるとはやい、という確認をしていました。

授業へGO!!・192

image

今回の題材は駅のポスターから

image

自分の思いを伝え合います。

9月20日(水)第5校時 5年2組 道徳 指導者KY教諭

主題名 周囲に目を向けて

教材名 ガマンしている人がいます

KY教諭が、一枚のポスターを提示します。電車の座席に座っている人たちの絵です。座席を2つ分とって座っている人がいて、ちょっと困り顔な人たちがいます。そこに、「ガマンしているひとがいます。」と文字が書かれています。

 そこから、子どもたちは感じたり、考えたりしたことを発表していきます。

「迷惑だけど、直接は言いづらい。」「周りをもっとみればいいのに。」「人は、直接注意されたりすると、守れなくなるから、ガマンしている人がいます、という風にしている。」

「自分のもしかしたら、気づかないうちに、相手にいやな気持ちにさせているかもしれない。」など、自分を振り返る発言もでていました。

image

自分たちの考えたことを、

image

堂々と発言していました。

9月20日(水)第5校時 5年1組総合的な学習の時間  指導者 IT教諭

単元名「まちのゴミを減らそう! 柏木ゴミゼロプロジェクト」

5年生の児童は、3年生の頃から、地域の方たちと共に、ゴミ拾い活動を行ってきました。今回、開校20周年を迎えるにあたり、「もっと誇れる地域にしよう」との願いをもって授業に取り組みました。何度も地域のゴミ拾いに行き、気づいたことについて話し合ってきました。

よく話し合える子たちです。5年生は、普段から友達に対して、素直に温かく接する子が多いのですが、その良い面が授業にも表れていました。

他校の先生方からも、よく考え、話し合える子どもtちですね、とほめてもらえました。

 

授業へGO!!・191

image

今日の学習はかけ算のひっ算

image

前に出て、計算も。

9月20日(水)第5校時 3年算数少人数 指導者FA教諭

単元名「かけ算のひっ算のしかたを考えよう」

今日は、かけ算のひっ算のしかたの学習です。2位数×1位数の問題で、繰り上がりなし。比較的に簡単な部類なのでで、児童にとっては「できる」という実感がもてやすい問題です。 

この日は、ノート指導も手厚く行いました。マス目のノートに、きちんと計算問題を書くのも、大切です。なぜか、マス目があるのに、マス目を無視しして書く子ども、結構います。

「書けばいいんでしょ」「計算すればいいんでしょ」という「やればいい」という物事への取り組み方ではなく、「丁寧な取り組み」を身に付けてほしいと思います。

授業へGO!!・190

image

まずは、簡単なゲームをとおして楽しみながらスタート

image

これは、何ですか? これは、○○です。の練習

9月14日(木)第3校時 日本語指導 指導者 AH教諭  

単元名「学習用具」

まずは、「消しゴム」を手のひらに隠して、「ある」「ない」ゲームから始まりました。消しゴムが「ある?」「ない?」、AH教諭と児童が交互に役割を交替しながら取り組みました。

次に、筆箱の中身を確認しながら、「赤鉛筆はありますか?」「赤鉛筆はないです。」「はさみはありますか?」「はさみはあります。」など、文房具の名前とともに「ある」「ない」の意味と使い方もおぼえます。

日本語って難しいな、と感じるのは、「ある」「ない」を丁寧な言い方に変えると、ただ「です」をつければいいのではなく、「ある」を「あり」に変化させなければならないところです。

この後、平仮名練習をして、授業を終えました。まだ、日本に来て、数か月。よく頑張っていました。えらいぞ~。

 

image

6年算数少人数

image

拡大図と縮図の学習です。

9月14日(木)第4校時 6年算数少人数 指導者EF教諭

単元名「形が同じで大きさがちがう図形を調べよう」

拡大図、縮図の学習です。「道のり」や「きょり」の違いを確認して、学習のスタートです。

途中、EF教諭の「地図って、何で縮図なの?」の質問に、

子どもたちは、「見やすいから」「持ち運べるから」等々、そして、「例えば、算数少人数室の地図が縮図でなかったら、広げると、教室と同じ大きさだから、場所もとるし、見られない。」

具体的な場面を想像して、話していました。こういう話をするとき、実際に頭で、そういう場面を思い浮かべているんだろうな、と思います。実は、学習には、それが大事だと思います。「もし~だったら~」と仮定する力。働くのに、とても必要です。

授業へGO!!・189

image

江戸時代の鎖国についての学習 身近な例に例えて話し合えるのはさすが6年生

image

グループでの話を全体で共有

9月13日(水)第5校時 6年1組 社会 指導者KY教諭

単元名「江戸幕府と政治の安定」

約250年間続いた江戸幕府は世界的にも見て、戦争のない平和な時代でした。その礎は3代将軍家光までで作られたといわれています。

その政策の一環として実施されたキリスト教禁止や鎖国の及ぼした影響を考え、安定化につながっっていった背景を考え、自分の意見をまとめます。

 よく考える子どもたちです。最初の個人作業で自分の考えを書いていう時間では、ほぼ12分間、集中して、資料等を基に自分の考えを描き切りました。その後の話し合い。「例え」を用い、自分たちの身の回りのこととに落として話していました。話すことで、自分の考えが整理されることは、日常生活でもありますね。

image

準備運動 リズムに乗りながら、体を動かしていきます。

image

タブレット端末を利用して、お互いのフォームを録画、確認

9月13日(水)第5校時 6年2組 体育 指導者KK教諭

単元名 陸上運動「走り高跳び」

 まずは、音楽に乗っての準備運動。個人、そして、2人組になりながら、今日の運動で使う部位や関節を意識しながら動かしました。

 そして、場の設定。マットやポール台などなど、準備するものも多いですが、そこは6年生。友達と協力しながら、無駄ない動きで設定おわり。練習開始。小学校段階での走り高跳びは、いわゆる「はさみ跳び」。助走でつける横の動力を踏切で縦の動力にするのが難しい種目です。踏切のリズムをとることが大切になります。

 新学期から導入されたタブレット端末を活用し、互いの動きを録画して確認します。これからの子どもたちは、自分の姿を直視できる場面が多くなるのかぁ、と授業を見ていてふと、思いました。「できているつもり」が「できていなかった」。そこから、学習が始まります。

授業へGO!!・188

image

3年2組 体育 ビシッと整列

image

3年1組 国語 図書館で調べ学習

image

6年1組 英語活動 新しいALTの先生と

image

柏葉学級 学級活動

image

1年1組 元気に外遊び

image

4年1組 社会

授業へGO!!・187

image

6年生も水泳指導がありました。

image

4年2組社会 教科担任制なので、指導者はST教諭

image

5年算数少人数 指導者IT教諭

image

5年算数う少人数 指導者KY教諭

image

3年1組音楽 指導者SA教諭

image

2年1組 算数

授業へGO!!・186

image

3年算数少人数 指導者T!FA教諭 T2AH教諭

image

3年算数少人数 指導者SY教諭

image

3年算数少人数 指導者EF教諭

image

5年2組 総合的な学習の時間

image

5年1組総合的な学習の時間

image

柏葉学級 朝の会 日直が全員と握手して挨拶

授業へGO!!・185

image

2年1組 図工 指導者YM教諭

image

まなびの教室

image

1年1組 算数

image

2年1組 国語

image

柏葉学級 Bグループ 国語 指導者KR教諭

image

柏葉学級 Aグループ 国語 指導者YM教諭

授業へGO!!・184

image

日本語指導

image

6年2組 社会 教科担任制なので、指導者はKY教諭

image

4年2組 体育

image

5年1組 図工 指導者SK教諭

image

4年算数少人数 指導者EF教諭

image

6年 合同で体育

授業へGO!!・183

image

5年算数少人数 指導者EF教諭

image

4年算数少人数 指導者OA教諭

image

1年1組 生活科

授業へGO!!・182

image

まなびの教室

image

1年2組 音楽 指導者NY教諭

image

5年算数少人数 指導者EF教諭

image

4年1組 総合的な学習の時間

image

柏葉学級 国語 指導者KR教諭

image

5年1組 英語活動

image

5年2組 音楽 指導者SA教諭

image

3年1組 理科 教科担任制なので、指導者はSY教諭

image

3年1組 総合的な学習の時間

授業へGO!!・181

image

ケンパーを入れた跳び遊び

image

リレーコースの途中に、どのようなケンパーをいれるのかを話し合っています。

6月14日(水)第5校時 1年2組 体育科  指導者 KY教諭  

単元名 「走・跳の運動遊び」

リレーの要素を取り入れながら、自分たちでコース作りをすることができるようにしています。今日の授業は、サークルを置いて、ケンパーのリズムで跳ぶことを楽しむコース作りでした。これまでも、小さめのコーンや段ボールなどを活用し、自分たちでコースを作る楽しさを味わっています。

今回の授業では、区内の小学校の先生方が大勢見に来られたのですが、「まだ、入学2か月なのに、先生の指示がしっかり聞ける。」「友達と話し合って、ケンパーのリズムを決めていた」などなど、1年生のよいところをたくさん、見てもらえました。みんな、暑い中、よく頑張りました。

授業へGO‼・180

image

柏葉学級 Cグループ 音楽 指導者SK教諭

image

4年2組 理科 指導者OA教諭

image

3年1組 図工 指導者SK教諭

image

まなびの教室

image

4年算数少人数 指導者ST教諭

image

5年2組 英語活動 ALTと

授業へGO‼・178

image

教科書のイラストをヒントにカタカナ表記の学習です。

image

書いたカタカナをみんなの前で発表します。

6月2日(金)第1校時 2年2組 国語科 指導者 IA教諭  

単元名「かたかなのひろば」

日本語は、平仮名、カタカナ、漢字表記があり、難しい言語とされています。しかし、自分の考えをもつためには、それを構築する言語がしっかりと入っていることが前提です。

カタカナの学習は、1年生でもやりましたが、2年生は、普段使っている文章や会話の中でもカタカナ表記を適切に活用できるようにしていきます。 

IA教諭は、教科書のイラストから、カタカナ表記にする言葉を子どもたちに見つけさせながら、表記させていきました。

大きいカードに書いて、発表もします。言葉は毎日使うものですから、日々の中でも理解を深められるといいです。

家庭科調理実習【5年生】

image

野菜を切ったり、茹でたり、

image

役割分担をしっかりしています。

image

男の子もテキパキ、作業しています。

授業へGO!!・177

image

友達と一緒に考えます。

image

それぞれの考えが、ホワイトボード一杯に!

5月31日(水)第4校時 6年算数少人数 指導者 kk教諭

単元名「分数のかけ算」

今日は、逆数の意味とその求め方の理解です。この逆数は、分数のわり算への布石になります。

 KK教諭はまず、□/□ × □/□ = 1 という課題を出し、子どもたちに、□を埋めさせていきました。

これにより、逆数の意味や、そして、ななめ同士が同じ数であるなどの規則性も発見していきます。

実感しながら、逆数を理解していきました。

そして習熟問題として、 □/□ × □/□ = 7/8 になるような □の数値を考えました。友達と考え合いながら、ホワイトボード一杯に、子どもたちが考えた数値が並びます。すごいことに、同じ数値の子どもが一人もいませんでした。これには、子どもたちも驚いていました。

授業へGO!!・176

image

まずは、指使い。

image

簡単な曲を吹き、演奏のたのしさを味わわせます。

5月24日(水)第4校時 3年2組 音楽科 指導者 SA教諭

単元名「リコーダー名人になろう」

3年生から、新しい楽器、リコーダーが始まります。リコーダーは、指使いが難しい楽器です。3年生の手はまだ小さく、リコーダーの一番低い「ド」を押さえるのも、難しいです。

まずは、簡単な指使いで「ドレミ」の練習。

子どもtちは、懸命に取り組んでいます。しかし、簡単にはできません。ここが分かれ道。できないからと、やらないでいると、ますますできないので、嫌いになります。悪循環です。

SA教諭は、簡単な曲を演奏させながら、子どもたちの意欲が途切れないように取り組ませていました。

image

いろはに

image

いろはに

5月30日(火)第1校時 3年1組 図工科 指導者 SK教諭

単元名「わぁ、おいしそう!」

粘土を材料にした造形です。直接、指で触れあう材料であり、その感触を十分に味わうことができます。幼少期には、非常に大切な造形遊びである。今回は、油粘土ではなく、紙粘土。自分の好きな食べ物をつくっていきます。

SK教諭は、現在の5年生が3年生のときに作った作品をスライドで見せ、子どもたちにイメージをもたせました。また、実際につくりたいものの写真を、子どもたちに用意させ、実物を意識してつくるように指導します。

イメージだけでは、単元名の「わぁ、おいしそう!」にはなりません。

具体的な写実も大切です。見ていると、おなかが空いてきて困りました。

授業へGO!!・175

image

5年2組 国語です。

image

自分たちで、考えを話し合います。

5月22日(月)第2校時 5年2組 国語科 指導者KY教諭

単元名「新聞を読もう」

題名のとおり、新聞を題材にした説明文です。

同じ出来事をについて書かれた記事を読み比べて見出しや写真の違いに気づくとともに、その違いによって、読むときの印象が変わることを理解することがねらいです。

KY教諭は、全国紙・地方紙それぞれの工夫、そして、両紙の共通点を探す学習を組み立てました。まずは、一人一人で考えさせ、それから、グループで意見を出し合い、一つのワークシートにまとめていました。

そして、それぞれに意見を言い合う活動ができていました。友達とすぐに話し合いができる子どもたちが素敵でした。

image

算数少人数指導です。指導者はIT教諭

image

問題の解き方を考えます。

5月24日(水)第2校時 算数少人数 指導者IT教諭

単元名「小数のかけ算」

小数同士のかけ算の学習です、計算自体は、整数×整数と変わりはありません。ここでの学習は、小数点の打ち方や最後に「0」がきたときの処理の仕方です。

IT教諭は、ただ、処理をするだけではなく、「なぜ、そうするのか」まで考えさせながら、指導していました。

子どもたちも落ち着いた態度で学習に取り組んでいました。少し、運動会練習で疲れはある様子でした。

高学年の試練。頑張れ!

授業へGO!!・174

image

「たんぽぽのちえ」の学習です。

image

ぐんぐん、ぐんぐん茎が伸びていきます。

5月19日(金)第1校時  2年2組国語科 指導者IA教諭 

単元名 「じゅんじょに気を付けて読もう」

 説明文「たんぽぽのちえ」の学習です。時間や順序を表す「言葉」に着目しながら、学習を進めていきます。

本をよく読む子どもでも、説明的な文章を選んで読み子は少ないのではないでしょうか。事実や考察を繰り返して、物事の実態をとらえていく説明文は、思考力が養われます。筋道を立てて考えていくことに役立つからです。

 たんぽぽ自体が、身近な植物であり、子どもたちもよく目にしています。道に咲く花も、実はいろいろな工夫をして、成長しているということを子どもたちは学習しています。

授業へGO!!・173

image

T1AT教諭 T2FA教諭

image

友達同士で伝え合い

5月17日(水)第2校時 1年1組 国語科 指導者AT教諭

1 単元名 あさのおひさま

繰り返しが楽しい音読教材です。語呂のよい詩で、リズムを感じて読めるので、子どもたちも思わず、口ずさみたくなります。

一人で読んだり、列ごとに読んだり、ポンポンとテンポよく進みます。そして、習った平仮名を2文字ずつ組み合わせて、言葉づくりです。

出来上がった言葉を友達に披露しあって、さらに、言葉の数を増やしています。

今、何をするのかを、AT教諭は、しっかり子どもに理解させて、活動に入るので、どの子もきちんと学習に取り組んでいました。

image

音読み・訓読みの違いをしっかり聞きます。

image

自分たちでノートに調べていきます。

5月17日(水)第5校時 3年1組 国語科 指導者AH教諭

単元名 漢字の音と訓

漢字の音と訓の学習です。

まずは、漢字の「文」を使って、音訓読みの確認をしていきます。

そして、音読みは、その文字だけではなかなか意味が伝わらないことをほかの文字でも確認しました。

会・海・開・回・買 読み方はすべて「カイ」。漢字の種類の豊富さにも驚きです。

 最後は、自分たちで、音訓読みの漢字クイズクイズをつくりました。残念ながら、お互いに出し合う時間はなかったのですが、次の時間は、友達の問題を解くそうです。楽しみですね。

授業へGO!!・172

image

Aグループ

image

BCグループ

image

Dグループ

image

ひらがなの学習

image

ひらがな・カタカナの学習

image

反対の意味の言葉を学習

5月10日(水)第2校時 柏葉学級 国語科

              指導者 Aグループ YE教諭  BCグループ KR教諭  Dグループ SK教諭

Aグループ 単元名「話そう 聞こう 言葉をさがそう」

まずは、GWにあった出来事にスピーチからはじまりました。1年生のKさんは、おうちの方と自転車の乗り方を練習したことを話していました。

その後は、平仮名練習。「し」のつく言葉探しから始まりました。自分たちの名前に「し」が入っていることも多く、楽しみながら探していました。

 

BCグループ 単元名「どうぶつのがっこう」

ガーガー笛?というのでしょうか。アヒルの口の形をした笛を使って、呼気練習から始まります。「い」「う」「え」の口形をつくることで、口の周りの筋肉を高めていきます。

そして、次は「どうぶつがっこう」の読み聞かせ。物語を繰り返し読むことで、内容の理解、定着を図っていきます。

ライオンの校長先生の学校です。イラストも楽しく、KR教諭は、実物投影機でページを見せながら、確認していました。

 

Dグループ 単元名「言葉のきまり」

「二つのレストラン」を読んで、反対言葉を見つけます。題名のとおり、何もかもが対照的な「二つのレストラン」がでてきます。

太い - 細い    多い - 少ない   高い - 安い  などなど。

そして、、いろいろな言葉の反対言葉をさがします。子の学習をすると、例えば、「買う」の反対で「買わない」というように、「ない」を付けて答えてしまいがちです。それも、普段の生活の上では有りです。ですが、言葉の知識として、反対の意味の言葉を理解させることも、今日のねらいです。子どもたちは、一生懸命に考えていました。

授業へGO!!・171

image

漢字の音訓の読み方の学習です。

image

自分たちで、漢字の読みを調べます。

5月10日(水)第3校時 4年2組国語科 指導者SY教諭

単元名 「漢字の音と訓」

漢字の音訓読みの学習です。例文「今朝は、朝早く起きて、ゆっくり朝食をとった」

この中に「朝」が3回でてきますが、読み方は全部違います。漢字って幅広いですね。

いろいろな漢字の読み方礼を考えていくうちに、子どもたちは、自分たちで、訓読みはそのままで、意味が通じるということに気づいていきます。

そして、訓読みは、日本独自の読み方であるという理解を得ます。

最後は、2年生まででならった感じを使って、音訓読みの文章をつくりました。

SY教諭はゲームの要素を取り入れ、子どもたちは、興味をもって学習していました。

 

image

説明文の学習です。

image

自分の体を実際に動かしてみて実感!

5月10日(水)第5校時国語科 指導者OA教諭

単元名 きょうみをもったところを発表しよう「大きな力を出す」

説明文の学習です。4年生のこの説明文は、筆者の主張がはじめとおわり、両方にでてくる「双括型」です。

今回はさらに、「意見」と「事実」を読み分けていきます。OA教諭は、友達同士で相談させたり、実際に自分の体を動かせたりさせながら、「意見」と「事実」の区別を付けさせていきました。

力が入るとつい「声」がでてしまいますが、それは、大きな力を出すためには必要なことでもあります。

小学生の子どもたちには、実際に体感させながら、学習すると、より理解が深まります。

授業へGO!!・170

image

今日の学習は「たんぽぽんのちえ」

image

説明文の学習です。

5月8日(月)第3校時 2年1組 国語科 指導者KR教諭

単元名 「たんぽぽのちえ」

2年生で学習する代表的な説明文のお話です。3年生では、同じ系列の「ありの行列」へと続きます。

少し、長いお話ですが、科学的な説明を分かりやすい言葉で表し、低学年でも理解できる内容になっています。

今回は、「時間」を表す接続し、「やがて」に着目して、たんぽぽの変化を読み取ります。

最後には、KR先生お手製の「落下傘」が出てきて。実際に、ふんわり落ちていくのを全員で確認しました。大人は「落下傘」と聞いてイメージできますが、子どもは違います。知らなければイメージはもてません。

ですから、小さいころから、様々なものに触れる。見る、体験することは大事なのですね。

 

授業へGO!!・169

image

今日の平仮名は「そ」。一人一人、KY先生に見てもらいます。

image

濁音の学習。「〝」を付けてみると、、、?

5月1日(月)第3校時 1年2組 国語科 指導者KY教諭

単元名 「かきとかぎ」

1年生の国語は、まずは平仮名練習。今日は「そ」。この字を練習する前に、雷の稲妻をイメージしたジグザグ練習や○をかく練習をしていました。まずは、鉛筆の持ち方と線の描き方から。鉛筆の持ち方は、是非、ご家庭でも見てあげてください。お箸の持ち方と同じで、正しい使い方を今のうちから身に付けておくのが必須です。

その後は、濁音の学習です。KY教諭お手製の変身ボックスが登場しました!この箱は、不思議なことに、「さる」というカードを入れると「ざる」に変身。「こま」は「ごま」に、、、次々と言葉が変身。その変身の「きまり」を気づかせて、濁音「〝」の学習につなげていきます。

子どもたちは、カードの変身に喜びながら、自分たちで、変身言葉を探していました