banner

授業へGO‼・291

image

令和元年9月30日(月)第3校時 5年2組図工 指導者SK教諭

題材名「将来の私」

将来、自分がなりたいと思う職業、またはなっている職業をイメージし、フィギュア(人形)を紙粘土で造形する授業です。「人体」を立体的に塑像するのは、とても難しいです。一人一人なりたい職業も異なるわけですから、ポーズも細かい造形も異なります。4年生までの粘土造形とは精緻さが異なってきます。これを作成できるのはやはり高学年ならでは。自分がなりたい職業の写真やイラストをみながら、立体へとイメージを膨らませていきます。時々SK教諭に助言をもらいながら、真剣に作っていました。

image

令和元年9月27日(金)第2校時 柏葉学級 国語 指導者SK教諭

単元名「民話を読もう」

この授業のグループは6年生6人です。柏葉学級の4年生以上は明日(2日・水)から女神湖移動教室に行きます。タブレットで挿絵を見ながら、教師の範読を聞きます。河太郎のいたずらの様子を見ながら真剣です。いけないこと、悪いこととはわかっていながら、相手が驚いたり、慌てたりする様子が面白くていたずらを繰り返す河太郎。子どもたちも河太郎は「わざと」やっていることを理解していました。最後には、侍に懲らしめられます。自分たちで河童の皿をつくるなど、民話の世界に入って楽しみました。

授業へGO‼・289

image

令和元年9月25日(水)第6校時 4年1組国語 指導者SY教諭

単元名「漢字の広場」

3年生までに学習した漢字を使って、昔話を作ります。今日は「おむずぶことりん」。2人一組になり、交互にお話を考えていきます。友達と相談しながら楽しそうでした。タブレットを活用してそこに打ち込んでいきます。打ち込みも友達と確認しながら行っていました。最後に教師に提出します。それをみんなで読み合い、盛り上がっていました。ストーリーは同じですが、文章表現が違うだけで、面白さがでます。ICTは情報共有がはやいですね。

image

令和元年9月26日(木)第3校時 2年1組算数 指導者AT教諭

単元名「長方形と正方形」

図形単元です。長方形と正方形を学ぶ前に「直角」の学習をします。まずは、教師が撮影した校舎の写真から、「長方形」や「三角形」を探します。普段見過ごしがちですが、改めてみると、校舎内の「長方形」の多いこと!!子ども達も驚いていました。そこから、「直角」を確認し、今度は自分で「直角」を探します。見つけた「直角」をタブレットでパシャリ!そして、それらを発表しました。友達のを見て「同じだー」とか「あれはどこ?」など、興味津々でした。

授業へGO‼・288

image

令和元年9月25日(水)第2校時 3年2組音楽 指導者SA教諭

単元名「音を重ねて 音楽会に向けて」

音楽会に向けて、着々と準備はすすんでいます。曲目は決まったので、いよいよ演奏です。まずは、担当の楽器発表でした。複数曲演奏するので、楽器がその都度変わる児童もいます。今日は「トレイン」のサビの部分を実際に演奏してイメージをつかみました。まだまだ完成に遠いですが、これから練習を積み重ね、学年合同で素敵な合奏になっていくことでしょう。楽しみです。

image

令和元年9月24日(火)第5校時 5年2組体育 指導者MM教諭

単元名「マット運動」

回転技(大きな前転、開脚前転、後転など)を安定してできるようになるのが5年生です。技の精度を高めるといったところでしょうか。マット運動は腕で自分の体重を支えらえれるかどうかが大きなポイントです。カエルポーズで膝を上げての腕支持で、女子が結構自分の身体を支えられていました。自分の身体をイメージしたとおりに動かすのは、ある程度身体を動かしていないとできません。また、客観的に自分の動きを知ることも大切です。タブレットPCを活用して、自分のマット運動の様子を確認している児童もいました。

授業へGO‼・287

image

令和元年9月24日(火)第3校時 3年1組国語 指導者KA教諭

単元名「ローマ字」

3年生ではローマ字を学習します。これkらパソコンを入力するのに、ローマ字入力でも大いに活用します。まずは、ローマ字表を見て、気づいたことを発表します。か行以下には、A、I、U、E、O が必ずつくこと。そして、初めにK、S、T、Nがつくこと等々ローマ字の規則性を発見します。そして、実際に書いてみる。結構、四苦八苦していました。形をとるのが難しいですよね。その後、タブレットをつかって、ローマ字入力の練習をしました。興味津々に取り組んでいました。

image

令和元年9月20日(金)第6校時 6年1組体育 指導者 KK教諭

単元名「バスケットボール」

ボール運動。バスケットボールの授業です。さすがに6年生。とってもバスケットボールらしい動きでゲームを展開していました。シュートにもっていくまでのチームの連携もバッチリでした。6年間を共に過ごすと、相手が考えていることや性格もなんとなく分かるものです。それを無意識に踏まえて、かかわっているのが分かります。他者との協働もやはり学びで蓄積されていくのだなぁと感じました。

 

授業へGO‼・286

image

令和元年9月20日(金)第2校時 2年2組国語 指導者MT教諭

単元名「カンジーはかせのだいはつめい」

クイズを織り交ぜながら、漢字の構成や熟語について楽しみながら学習する単元です。今回は、組み合わせの漢字です。2つの漢字を組み合わせて、別の漢字を作るというものです。例えば、口 + 口 = 回   羽 + 白 = 習  などなど。教科書やドリルも活用して、自分で文字を探します。それをタブレットに問題として蓄積します。ある程度たまったら、グループ同士でリンクして、友達の問題を画面上に自分で解けるようにします。友達の問題を見ながら、自分と同じ問題だぁ、とか、難しい、、、などなど、つぶやきながら、漢字を学習していました。  

image

令和元年9月20日(金)第3校時 柏葉学級算数 指導者IT教諭

単元名「ひき算マスターになろう」

こちらも楽しみながら、ひき算の計算を身に付けられるよう工夫していた授業でした。トランプを使ったり、パソコンを使ったりしてひき算の計算に親しみました。こちらも最後は、自分のつくった問題を友達に出すのですが、先ほどの2年2組はグループでリンクしました。こちらは少人数なので、オフリンクを使って、それぞれにメールで送ります。同時に教師にも送付してもらい、先生は問題をチェック。友達の問題を解いたら送り返して丸をつけてもらっていました。タブレットをとおして、かかわり合いながら、学習していました。

授業へGO‼・285

image

令和元年9月19日(木) 第2校時 4年算数少人数 指導者EF教諭

単元名「わり算の筆算2」

整数の四則計算の集大成、わり算です。4年生までで整数が終わり、5,6年生では小数、分数の世界にいきます。抽象度が一気に上がります。今日は、筆算の前に「わり算のきまり」を学習します。このきまりは、本当に重要で、6年生の分数の計算でも使います。これを使いこなせれば、計算の仕方はほとんど考えられます。EF教諭は、かけ算のきまりを基にしながら、わり算のきまりを考えさせていきました。タブレットを活用しながら、個人個人の考えを全体で示して確認したり、一緒に考えさせたり。子どもたちもよく考えていました。

授業へGO‼・284

image

令和元年9月18日(木)第3校時 5年1組 理科 指導者NY教諭

単元名「人のたんじょう」

人の発生や成長について、動物や昆虫等と比較し、どうなんだんだろうと疑問をもつとともに、追究していく単元です。自分たちで調べたい内容を決めて、インターネットや図書を活用して調べていきます。情報リテラシーも学ぶので、引用した文献は出典を明らかにしていきます。また、インターネットで調べるときのコツも学んでいきます。調べた内容に関連する単語をキーワードで入力等々。タブレットを扱っている児童の様子を見ると、子どもは慣れるのがはやいなぁ、と痛感します。

image

令和元年9月18日(水)第2校時 柏葉学級Cグループ 国語 指導者YM教諭

単元名「女神湖学習」

もうすぐ、柏葉学級の4年生以上はもうすぐ、女神湖の宿泊学習に行きます。そこで、学習する乳牛体験に備え、牛についての調べ学習を行いました。

自分たちで調べたい内容を考えます。牛の種類や食べ物などなど、これから少しずつ学習していくと、本物を見たときに、知識と関連付いて、学習として定着します。

授業へGO‼・283

image

令和元年9月12日(木)第5校時 3年1組 書写 指導者YT教諭

単元名「左はらい 右はらい」

前時は「木」の漢字を題材に、左はらい と 右はらいを書きました。今日の字は「大」。「木」よりもはらいがポイントになる文字です。3年生になって始まる習字。最初は準備で1時間かかっていましたが、だいぶ手早くなりました。ササっと用意できます。たま~に、筆を忘れましたぁ、や、墨汁が空っぽす、なんて声が聞こえてきますが、、、やる気はある3年生。集中して文字を書いています。筆遣いは、なかなかに難しいものですが、慣れることも大事です。たくさん書いて上達しましょう。

授業へGO‼・282

image

令和元年9月11日(水)第5校時 3年1組道徳 指導者KK教諭

主題名「みんなちがってみんないい」

KK教諭は柏葉学級担任です。この日は「はくよう学級ってなあに」という教材で、人とのかかわりに関すること(相互理解)について授業しました。柏葉学級には4名の3年生がいます。3年1組の子どもたちは、4名ともしっかり名前を憶えていました。これまでの交流学習の積み重ねかな、とうれしくなりました。みんなちがっている。これは様々な事柄で言えます。「見た目」「分かり方」「感じ方」等々、外見から内面へと掘り下げていきます。自分のことを振り返りながら、他者をとらえていき、違いを認識していくことが、相互理解の一歩です。

image

令和元年9月11日(水)第5校時 6年1組社会 指導者KY教諭

単元名「町人の文化と新しい学問」

KY教諭は1年2組の担任ですが、6年生の児童を3年生のときに受け持っていました。お久しぶりの授業です。「大きくなったけど、変わってないです。」と楽しそうに授業していました。この授業では、日本地図を作製した「伊能忠敬」を取り上げていました。タブレット上で、伊能忠敬作成の地図と、現在の日本地図を重ねてみてビックリ!!ほぼ重なるのです!!!衛星がない時代、自分の足のみを頼りにした測量技術のなんと、すごいことか!!!人間の知恵と努力のすごさを感じました。

image

令和元年9月11日(水)第5校時 1年2組算数 指導者KK教諭

単元名「3つのかずのけいさん」

KK教諭は普段は6年1組の担任です。昨年度は2年生担任だったので、久しぶりに「小さい子たち、面白かったです。反応がストレートで。」と言ってました。

今日の問題は、3+2+4=9 のような3つの数の計算式との出会いです。問題場面によって、式は決まるので、3つや4つのたし算もあるということ、さらに、計算と式は違うということです。どういうことかというと、計算そのままの、3+2=5+4=9という式は成り立たないということです。

image

令和元年9月11日(水)第5校時 4年1組社会 指導者HK教諭

単元名「住みよいくらし ごみのゆくえ」

授業は副担任でもある日本語指導のHK教諭です。前日に行った社会科見学の学習を踏まえての授業になりました。清掃工場について、実際に見て来たので、子どもたちの意欲も高かったです。やはり、ただ教科書で読むだけではなく、実際に直に体験してきたことは、学習の入り方が違います。タブレットを活用して、それぞれの気づきをメモにし、それを全体で見合って考えていました。「ごみを出さないようにする」と言うのは簡単ですが、実際に「何を」していくかまで考え、行動することまでが学習です。

授業へGO‼・281

image

令和元年9月9日(月)第3校時 6年2組 理科 指導者TY教諭

単元名「生物どうしのかかわり」

人や動物の「食べ物」をとおした生物のかかわりに着目し、環境保全への関心・意欲・態度にまでつなげていく単元です。まずは、教科書にでてくる動物 牛、カマキリ、ライオンなどの食べ物について考え、それをどんどん繋げて考えていきます。いわゆる食物連鎖ですね。6年生ともなると、タブレットを巧みに使い、上手に発表カードにまとめていきます。全員の画面をホワイトボードに写すこともできるので、それをヒントにするなど、共有もできます。自分が調べたものを班で発表し合うところで、時間切れ。次時のお楽しみです。

授業へGO‼・280

image

5年1組 学級会

image

柏葉学級 図画工作

image

5年1組 国語

授業へGO‼・279

image

5年1組 家庭科

image

6年2組 音楽

image

日本語指導

image

5年1組 図工

image

2年1組 夏休みの自由研究観察

image

2年2組 音読発表

授業へGO‼・278

image

6年生身体計測 WS養護教諭から保健のお話

image

1年1組 水遊びの後

image

2年2組 夏休みの思い出発表

image

4年1組も夏休みの思い出

image

5年1組 読書感想文

image

3年1組 理科の学習

2学期始業式

image

3年1組 国語

image

3年2組 教科書配布。新学期の準備です。

image

6年算数少人数 指導者EF教諭

image

1年2組 音楽 指導者SS教諭

image

1年1組 夏休みを振り返って

image

2年1組 連絡帳記入

image

柏葉学級 夏休みのスピーチ

image

4年1組 水泳

image

2年2組 2学期のめあて決め

image

5年1組 自由研究について

image

5年2組 国語テスト

image

6年算数少人数 指導者TY教諭

授業へGO‼・277

image

1年1組 国語のテスト

image

柏葉学級 図工

image

5年1組 図工 指導者SK教諭

授業へGO‼・276

image

2年2組 国語

image

2年1組 算数

image

3年1組 理科 指導者KR教諭

学校公開②

image

2-2国語 指導者MT教諭

image

料理・手芸クラブ

image

卓球クラブ

image

6年算数少人数 指導者KK教諭

image

3-1国語 指導者KA教諭

image

2-1 音楽 指導者SA教諭

image

5年 体育

image

とっても楽しそう!

image

6-2 国語 ディベート

学校公開

image

1-1音楽 指導者SS教諭

image

6-1体育 指導者KK教諭

image

4-1国語 指導者SY教諭

image

5-1道徳 指導者NY教諭

image

6-2音楽 指導者SA教諭

image

1-2体育 指導者KY教諭

授業へGO‼・274

image

3年2組 外国語活動

image

6年2組 総合的な学習の時間

image

4年1組 音楽 指導者SA教諭

授業へGO‼・273

image

令和元年5月28日(火)第3校時 1年1組 国語 指導者IA教諭

単元名「あさのおひさま」

リズムや繰り返しを楽しんめるお話です。リズミカルで何回も口ずさめるような文章構成、まさしく音読にピッタリの教材です。音読は「口形」を確認して、はっきりと発音できることも大切です。IA教諭は「あ」「い」「う」「え」「お」のそれぞれの口形の写真を提示し、普段では意識できない「口の形」を子どもに意識させていました。口の形により、発音がちがってくることを、子どもたちは実感とともに学んでいました。

image

令和元年5月31日(金)第2校時 1年2組 体育 指導者KY教諭

単元名「表現遊び」

まずは、「動物狩りにいこうよ」でウォーミングアップ。子どもたちの意欲を高め、表現遊びに。新聞紙をモチーフに、子どもたちに表現させていきます。「新聞紙が風になびいてるよ~~」の声掛けで、子どもたちは一斉に両手・両足を広げてヒラヒラ~。「新聞紙をたたもう」とKY教諭が、新聞を折っていくのに合わせ、子どもたちも身体を半分に折り曲げていきます。いろいろな動きを工夫していて、とても楽しそうでした。身体全体をつかって表現する楽しさを味わっていました。

授業へGO‼・272

image

令和元年5月28日(火)第2校時 2年2組算数 指導者HK教諭

単元名「ひき算のひっ算」

はじめに、簡単な計算の定着を図るために、時間を決めて、計算に取り組みました。子どもたちは、こういう定着プリント好きですね。黙々と取り組みます。自分の記録が伸ばせるも魅力なのかもしれません。本単元も最終なので、仕上げの問題に取り組みました。ひき算で計算したものを、確かめる方法も行い、自分で振り返れるようにします。また、友達同士、意見を交換しながら、学習をすすめていました。

 

image

令和元年5月28日(火)第1校時 3年1組図工 指導者SK教諭

題材名「ポップアップカードをつくろう」

色画用紙で、開けると飛び出すカードを作ります。まず最初に、SK教諭は、前の3年生がつくった作品をホワイトボードに写し出し、子どもたちにイメージをもたせます。百聞は一見に如かず。ここで、多くの子どもたちが「何を」つくるか理解します。「めあて」の共有です。そして、ここから、その「めあて」に向かい、様々に工夫しながら、「自分の」ポップアップカードを作ります。基本的な技術の入れ込みも大切です。ポップアップする仕組みを考えさせながら、方法を教えていきます。子どもたちは、ハサミを使い、いろいろな形のポップアップを楽しんでいました。

授業へGO‼・271

image

令和元年5月7日(水)第2校時 6年算数少人数 指導者KK教諭

単元名「対称な図形」

対称な図形の観察や考察の仕方を活用して、九九表を改めてみる、という授業です。学習したことを様々な場面で活用してみよう、という気持ちを喚起させる工夫がされていました。

まず初めに、自分たちで、線対称な図形、点対称な図形の振り返りを行っていました。友達同士、言葉、ノート、身振り手振りを使いながら、確認をしていました。ノンバーバルコミュニケーションも大切だなぁ、と感じます。様々な視点から、子どもたちは考えていました。

授業へGO‼・270

image

平成31年4月26日(金)第2校時 柏葉学級 国語 指導者 KK教諭

単元名「はくようどうぶつえん」

動物の名前や鳴き声に興味をもち、友達と一緒に発表したり、一人で発表することをねらいとした授業です。

まずは、ウォーミングアップ。ノートにいろいろな線をかいていきます。かいていくと、動物の形になるように工夫されており、子どもたちから、ワニだー!の声も上がり、そのまま、次の学習へ。カードを見て、動物の名前を当てて、その鳴き声も考えていきます。楽しそうに学習していました。

image

平成31年4月26日(金)第3校時 3年1組 国語 指導者KA教諭

単元名「場面の様子を思いうかべ、音読しよう」

色々な生き物がそれぞれの特徴にあったお店を開いている楽しさを想像し、作っていく学習です。KA教諭は、モデルとして、ハリネズミのポケット屋さんのお話を提示しました。子どもたちは大喜び。早速、動物の開くお店屋さんを想像し、書いていました。ペンギンのスイミングスクールなんて通いたくなりますよね。想像を楽しめると、書くことも苦にならないんだなぁ、と見ていて感じました。

授業へGO‼・269

image

平成31年4月25日(木)第4校時 6年算数少人数 指導者EF教諭

単元名「対称な図形」

平面図形の対称性を調べる学習です。線対称、点対称とありますが、図形をイメージする力が求められます。正三角形から正八角形までの図形の線対称、点対称をペアで取り組んでいきます。点対称は回転も入ってくるので、イメージだけでは厳しくなる児童もいます。確実に身に付けさせたいのは、点の打ち方。図形の頂点Aが線対称のときにはここ、点対称の場合はここ、と点の打ち方を学ぶことで、イメージも身に付いてきます。算数では、技能(筆算の仕方や図形の描き方等)を確実に身に付けることで、思考力がさらに深まっていくことが多々あります。

6年生は、技術を身に付けながら、友達とも協働して学習している姿が素敵です。

 

 

image

平成31年4月25日(木)第4校時 3年算数少人数 指導者 KR教諭

単元名「時刻と時間の求め方」

時刻と時間の意味や違いを学びます。簡単にいうと、時刻は何時何分、時間は長さー何時間や何十分間を表します。

まずは、アナログ時計の読み方の確認。学校にある時計はどれもアナログ時計です。現在、携帯電話の普及により、時計をしない若者も増えているとか。しかし、時計が読めるのはやはり基本。小学校のうちにしっかり身に付けさせたいです。そして結構、難しいのが時間、時計の数直線を用い、考えていきます。そして、またアナログ時計に戻って確認。

KR教諭は、一つ一つ丁寧に押さえて、授業をすすめていました。

授業へGO‼・268

image

平成31年4月25日(月)第1校時 5年1組 算数科 指導者NY教諭

単元名「古くて新しい路面電車」

 既習内容を活用してグラフや表を見て、問題を解決する学習です。いわゆる応用の単元でしょうか。路面電車に関する資料を見て、考えます。折れ線グラフと棒グラフが合体した資料です。それぞれの資料の読み方は、4年生で学習しています。同じグラフに2つの別の資料が、別の形態でグラフ化されています。数値も、左右にそれぞれ別の数値がふってあります。どちらのグラフが何を表しているのかを見極めていきます。どの児童も落ち着いて取り組んでいました。

image

平成31年4月25日(月)第2校時 4年1組 算数科 指導者SY教諭

単元名「角の大きさの表し方を考えよう」

 4年生の図形で、角度の学習です。分度器の読み方、扱い方を学習していました。分度器は双方向で目盛を読めるようにしなければなりません。これが、定規との違いです。120度を60度と読んでしまわないためには、まず、90度=直角より大きいか小さいかの基準をしっかりともっていないとなりません。

 今日は、分度器の導入。SY教諭は、実物投影機を用い、分度器をホワイトボード全体の写し、目盛の読み方を確認していました。基本をしっかり身に付けることは大切です。

 

授業へGO‼・267

image

平成31年4月24日(水)第4校時 2年1組 算数科 指導者AT教諭

単元名「たし算のしかたを考えよう」

2位数の加法の筆算の仕方について学習します。AT教諭は、まず、ノートの使い方をきっちりと指導していました。ひっ算はアルゴリズムです。桁数が大きくなればなるほど、繰り返しのリズムが大切になります。そのためには、どこまで自分が計算したのかがしっかり分かってなければなりません。だから、きちんと「書く」ことが大切になります。パッと見返して振り返りができるようにするのです。一人一人のノートを確認します。

また、問題を解いたら、友達と意見を交換しながら、学習をすすめます。相手に説明して、理解してもらうのは、実はすごく難しいのです。

 

image

平成31年4月24日(水)第2校時 4年1組 指導者MT教諭

単元名 「消ぼうの仕事と人々の協力」

指導者は教科担任制なので、副担任のMT教諭です。本単元は、自分たちの住む地域で安全に暮らすために地域の人々が知恵を出し合い、協力していることを学習する単元です。今回は「消防」にスポットが当てられています。

まず、子どもたちが地域にある消防施設について考えます。普段生活しながら、見かけた経験のあるものを上げていきます。そして、それらがどのように使われるのかを知りながら、消防署の方たちだけではなく、自分たち、地域の人々も防火の意識をもちながら、生活していくことを学んでいきます。少しずつ、地域の中で様々な「工夫」があることを学んでいきます。

 

授業へGO‼・266

image

5年算数少人数 指導者EF教諭

image

1年1組 学級活動

image

1年2組 学級活動

image

2年2組 国語

image

4年算数少人数 指導者MT教諭

image

5年1組社会 教科担任制なので、指導者はMM教諭

image

5年2組理科 教科担任制なので、指導者はNY教諭

image

6年1組 学級活動

image

6年2組 国語

image

柏葉学級 学級活動 指導者SK教諭

image

2年1組 体育

授業へGO‼・265

image

かけ算の学習です。

image

一つ分×いくつ分を学びます。

平成31年2月22日(金)第3校時 柏葉学級Bグループ 算数 指導者SK教諭

単元名「かけ算」

かけ算といえば、すぐに「九九」を思い描いてしまいますが、かけ算の意味も重要です。「一つ分 × いくつ分 = 全体の量」これが、かけ算の意味です。

九九は機械的に覚えるのみになってしまいますが、本来のかけ算の意味が分からなければ、本当に理解したことにはなりません。ST教諭は、このかけ算の意味を理解させるために、「妖怪」を準備してきました。「おどろおどろ」や「ぎゅうき」「閻魔大王」など、複数の牙や目をもつ妖怪の全部の牙や目をかけ算で求めていきました。

子どもたちは、妖怪問題に興味津々。一つ分の意味も理解したようです。

ただ、後半になって出て来る妖怪が、ちょっとリアルで怖くなってしまいました。でも、最後のプリントまで頑張りました。

授業へGO‼・264

image

自分の考え、思いをワークシートに書き込みます。

image

それを元に、ペアで話し合い

平成31年2月8日(金)第1校時 4年2組 道徳 指導者 IA教諭

主題名「友達のことを考えて」

今回の道徳の資料名は「絵葉書と切手」。主人公のひろこさんは友達から、絵葉書を受け取りましたが、「定形外」だったので、不足金120円を払いました。ひろこさんのお母さんは、料金のことは黙っていてお礼だけいいなさい、とアドバイス。お兄さんは、友達が同じ失敗をしないように教えてあげたら?と言われました。迷うひろこさん。

IA教諭は、まずここまで、資料を読み、みんなだったらどうする?と投げかけます。「言わない。だって、わざとじゃないから」「でも、お金取られちゃうんだよ」「だって、いったら嫌われちゃう」等々、子どもたちのつぶやきが。

もちろん、これはお話ですが、実生活でもこれに似たことはあることです。本当だったら、、、でも、言ったら、恨まれちゃう、とか、嫌われちゃうんじゃない、とか。友達をやめられちゃうかも、、、なんて、心配もでてきます。子どもたちは「ひろこさん」の気持ちが十分に分かったようです。お話の中で、最後に「ひろこさん」は120円の不足金があったことを知らせようと決意します。友達だったら、分かってもらえると考えて。

IA教諭は、迷っていいんだよ、迷って迷ってたくさん考えることが大事なんです。と最後に話して授業を終えました。

授業へGO‼・263

image

色紙にかく前に、まずは下がき。簡単にレイアウトを把握します。

image

一人一人にアドバイス

平成31年1月28日(月)第1校時 5年1組 図工 指導者SK教諭

題材名「色紙に描く」

最近の児童の傾向は、絵を描くより工作が好き、という実態のようです。形がうまくとれない、絵の具の彩色がうまくできないなど、技術面の抵抗があるようです。SK教諭は、教材に「色紙」を設定しました。画用紙よりも画面が小さく、言葉もはいることにより、量的な負担が軽減されます。また、文章と絵の両方が描かれることにより、味わい深いものになり、絵を「上手」にかかなければならないという呪縛から解放されます。自分なりの見方、感じ方でかければいいのです。テーマは「自分の宝物」。児童一人一人がそれぞれの「宝物」を色紙に一生懸命にかいていました。

改めて、適切な課題の準備が必要だと感じさせる授業でした。

 

image

グループ活動もスムーズです。

image

辞書を引いて、サッと考えられるのもさすが5年生

平成31年1月29日(火)第2校時 5年2組国語 指導者 IT教諭

単元名「分かりやすく伝える」

「相手」をきちんと意識して、分かりやすく伝える学習です。

今回のめあては、1年生に伝わりやすい文章に直そうです。

「校外学習に、こん虫採集に行くにあたり、各自が適切な容器を持参すること。」という文章を、1年生に伝えるには?という課題でした。グループで考え始めましたが、すぐに辞書を出して引くあたり、さすが5年生。

「学校の外に学習に行きます。」「昆虫をとりに行くよ。」「昆虫をいれる入れ物を用意して」等々、低学年が分かりやすい文章を考えて変更していきました。

文章を変えるポイントととして、

 ・難しい言葉をわかりやすく  ・音読みの漢字を訓読みにすると簡単になる 

など、しっかりとまとめていました。

授業へGO‼・262

image

「だから」と「しかし」の違いを考えます。

image

考えを友達と相談

平成31年1月23日(水)第4校時 4年1組 国語 指導者AT教諭

単元名「文と文をつなぐ言葉」

接続語の学習です。「だから」と「しかし」。順接と逆接です。

例文:①天気が悪かった。「   」かさを持っていかなかった。

    ②天気が悪かった。「   」かさを持っていった。

「   」に入る言葉を考えさせます。そして、その理由も。①は「しかし」、②は「だから」が入ります。多くの子どもが分かっていました。しかし、理由は難しかったようです。「だって、そうならないとおかしいし、、、」「文が伝わらない」等々、直観で感じた違和感を徐々に言葉にしていきます。AT教諭は、「なんでおかしいの?」「どうして、『しかし』の方がピッタリくるの?」と子どもたちに突っ込んで聞いていきます。少しずつ、子どもたちから、言葉がでてきます。そこで、近くの人と相談タイム。「前の文章と反対のことを言うから、、、」、「かさを持っていった理由を言ってるから」等々きちんとした理由になってきました。

授業へGO‼・261

image

登り綱を使った自分の運動をタブレット端末に録画して見返します。

image

腕の力だけで登れるか挑戦!

平成31年1月22日(火)第5校時 1年1組 体育 指導者EF教諭

単元名 体つくり運動「多様な動きをつくる運動遊び」

体育館の運動器具、登り綱をつかった運動です。登り綱は、ぶら下がる、登る、揺らす、跳ぶ等々、多様な動きを促すことができる器具です。遊びながら、いろいろな体の使い方や技を編み出していくことができます。

登り棒のように固定されていない分、ぶら下がったり、登ったりするにも、腕の力や体幹が求められます。まずは、腕と足を絡めてぶら下がる。そこから、揺らす、飛ぶ、さらには登る、など自分でできる技を一つ一つ編み出しながら、増やしていきます。運動は、自分の身体がどのように動かすのかをイメージすることが大切です。そのためには、客観的に、自分の動きをとらえ、修正していく必要があります。自分では「こう動いているつもり」でも実際には、全然、できていない、なんてことはよくあります。それを知るのが第一歩。そのために、タブレット端末を活用し、動きを録画して自分を「見る」ということも取り入れています。見て、「修正」する。この修正できる力が学習には重要です。

image

しっかりと挙手でて発言。学習のルールも定着しています。

image

ノートに書くのも慣れました。

平成31年1月22日(火)第5校時 1年2組 算数 指導者SY教諭

単元名「ずをつかってかんがえよう」

問題:ひろしさんは まえから2ばん目にいます。ひろしさんのうしろに3人います。みんなでなん人いますか。

順序数の問題です。パッと読んで問題の構造が捉えにくいものの一つです。文章題を図で表すことも大切な力です。高学年になるに従って、一読しただけでは、問題の意味が分からないものが増えていきます。式が一つでは解答を導きだせなくなります。低学年のことから、ただ単に、「答え」がわかればいいのではなく、そこに至る過程を十分に考えていく必要があります。今回の問題もその一つです。

ひろしさんの並んでいる位置を明確に把握して問題をといているか、ただ、出て来た数値の2と3を足しているかでは、理解度はまったく異なります。図をかき、構造を把握して、問題を解く態度も算数ではとても大事です。

 

授業へGO‼・260

image

音を聞いて、動物になってリズミカルに動きます。

image

2人組になって、相手を揺らす金魚。気持ちいいです。

平成31年1月22日(火)第4校時 柏葉学級(2~4年生) 音楽 指導者YM教諭

単元名「1年生にリトミックのいろいろな動きを教えよう」

柏葉学級の児童は、4月に新しい1年生にリトミックを教えてあげます。そのめあてをもたせた単元構成になっています。音楽を聴いて、そのリズムやメロディーに自分の身体をゆだねることは、自律神経の発達を促し、心と体のバランスを整えます。寝る前に、音楽を聴くのもよいと言われるのはこのためです。音楽を感じて表現することは、豊かな情操を養うことにもつながります。大げさかもしれませんが、心と体の開放ですね。大きくなればなるほど、人目や羞恥心を感じてしまいますが、心と体が成長する子どものうちに、この楽しさを存分に味わってもらいたいと思います。

人間に備わった機能はたくさんあります。それを十分に使いこなせずに終わってしまうことが多いのかもしれません。自分の心と体を知ることも大切な学習です。

 

image

自分たちもカードをつかって、数字を組み立てます。

image

さてさて、どんな数ができるでしょう。

平成31年1月22日(火)第5校時 2年2組 算数 指導者KK教諭

単元名「1000より大きい数をしらべよう」

KK教諭は最初に、「1」「4」「5」「8」「9」のカードを提示し、これらのカードを使って、4けたの数字をつくることを知らせました。「どんな数字をつくりたい?」の問いかけに「一番大きい数!!」「小さいのも!」と次々に。ここで、一人一人にカードを渡し、自分で数字を作らせていきます。ここで、大きい数字を創るためには、上の位から大きい数字をいれていけばよいこと、小さい数字はその逆であるということを確認、学習します。

、、、と、KK教諭が「あれ~、まだ入っていたカードがある」と「0」のカードを提示。「『0』って何もないことだから、このカードが入っても変わらないよね。」と畳みかけると、子どもたちは「変わる~~~!!」じゃあ、どう変わるんだろうと、また一人一人「0」のカードをもらって、一番大きい数、小さい数を考えていきます。ここのポイントは。一番小さい数。先ほど見つけたルールに則ると、「0145」という答えも。ここで、1番上の位に「0」は使えないこと(145になり、3けたの数になるから)を確認して、授業が終わりました。

授業へGO‼・259

image

怠けたくなる気持ちに打ち勝つには?難しいですね。

image

役割演技しながら、考えを発表します。

平成31年1月22日(火)第2校時 2年1組 道徳 指導者KY教諭

教材名「なまけにんじゃ」

主人公の「ぼく」は宿題をしようとしたり、部屋の掃除をしようとしたりすると、、、、どこからか「なまけにんじゃ」が現れ、「たのしいアニメがやってるよ。はやくテレビをつけてくれ。」とか「どうせ、すぐに汚れるから、やらなくてもいいんじゃない」などど、楽な方に誘惑する「なまけにんじゃ」が現れる、というお話から考えさせていく授業です。

この話に入る前にKY教諭は、「習い事や頑張っていたことを途中でやまてしまったことはありませんか?」という発問をしていました。子どもたちからは、「めんどくさくなって」や「あきてしまって」などの意見がありました。

「なまけにんじゃ」は誰の心の中にもいる忍者です。その忍者にどう消えてもらうか、を考えてみました。大人でも難しいことです。こういうことを折にふれ、内省させていくことが大切なのです。

image

子どもたちの意見を実物投影機で写しながら、書き込んでいきます。

image

自分たちの生活を振り返り、考えます。

平成31年1月22日(火)第3校時 家庭科 指導者YT教諭

単元名「共に生きる生活」

6年生なので、家庭科もまとめの学習に入っています。今回の単元は「家族や地域の人々のかかわり」を学んでいます。

家族とのかかわりは、普段から接しているので、分かりやすいし、見えやすいです。しかし、「地域」となると、間接的になるので、高学年でもなかなかに難しいところです。

YT教諭は、子どもたちに少しでも、地域とのかかわりが「見える」ように、柏木地域センター発行の「わがまち かしわぎ」を使って、地域でこんなことやあんなこともやっている、ということを紹介していきました。子どもたちの中からは「あ~、それ参加した」や「それ、知ってる~」などの声が上がり、「地域とのかかわり」が具体的に見えたようです。

大人になって、社会にでたら、是非、地域とかかわり、貢献していってほしいです。

授業へGO‼・258

image

耳の横の骨の動きを触ってみて、口を大きく開けて歌っているかを確かめています。

image

グループに分かれ、教え合いながら学習しています。

平成31年1月18日(金)第3校時 1年1組 音楽 指導者SA教諭

「けん盤ハモニカ名人になろう」

低学年の音楽の歌唱では、「互いの歌声や伴奏を聞いて、声を合わせて歌う技能」をめあてとしています。友達の歌声や伴奏を聞いて、感じながら歌えることを学習します。そのためには、自分の歌声もしっかり聞けていなければなりません。SA教諭は、まず、きちんと歌うための身体の使い方を教えます。立ち方やおなかを意識すること、また、耳の少し前にある骨の動きを触ることで、口が大きく開いているかが分かります。自分の身体を意識して使うことは大切です。

次に鍵盤ハモニカの学習です。友達同士、3,4名でグループになり、教え合いです。自分たちで、助け合う姿勢を低学年のうちから育てます。教えた友達が上手になったことを、自分のことのように喜んでいる姿は、本当に素敵です。意図的にそういう場面を作っています。

image

自分がいつもしている「仕事」を振り返って書きます。

image

みんなの前で発表です。

平成31年1月21日(月)第2校時 柏葉学級 道徳 指導者KK教諭

教材名「はたらくって、すばらしい」

まずは、ICTを活用してスライドで「働く人」を確認しました。運転士、看護師、美容師、ウエイトレス等々。そして、「大人はどうして働いているのでしょう」という発問をしました。多かったのは、「家族のため」。中には、「みんなの生活をよくするため」なんていう発言もありました。

そして、自分たちの「仕事」を振り返ります。学校での仕事は、まさしく「みんなの生活をよくするため」のものです。もちろん、係りの仕事をしたからといって、報酬があるわけではありません。大人が働くのには、「生計をたてる」という現実的な理由が大きいですが、「働く」ということは、最終的には社会貢献につながっていきます。人のためになる、人の役に立つことが自分の喜びになる。そういう自立した人になってほしいと思います。自分たちが日ごろやっている学校での「仕事」に意味を見出してほしいという教師の願いが分かる授業でした。

授業へGO‼・257

image

さすが5年生、ノートの取り方もはやいです。

image

説明もしっかり聞きます。

平成31年1月16日(水)第4校時 5年算数少人数 指導者HM教諭

単元名 百分率とグラフ

算数を難しいと、子どもが思ってしまう単元の一つです。「割合」は量が3つでてきます。「基準量」「比較量」、そして「割合」。この3つの整理がきちんとついていないと、理解が難しい単元です。物事を筋道立てて考える力がついているかどうかも試されます。文章題を一つ一つ確認しながら、読み解く必要があります。

その手助けとなるのが、言葉の式や数直線図です。

HM教諭は、子どもたちと図を確認しながら、問題を丁寧に解いていきました。

image

真剣に計算問題に取り組んでいました。

image

友達同士で自分の考えを説明し合います。

平成31年1月16日(金)第3校時 3年算数少人数 指導者OA教諭

単元名 かけ算の筆算(2)

3位数×2位数のかけ算の計算の学習です。既に、2位数×2位数、3位数×1位数の筆算の仕方は学習しています。これを基に、3位数×2位数の筆算の仕方を考えます。ある程度、筆算はパターン化しているので、手順としては、子どもちは考えやすいです。しかし、間違えてしまうので、自分たちで、間違えないためのポイントも考えていました。

・100の位のかけ忘れをしない。

・積が10000の位までいくので、そこをチェックする

・途中のたし算を間違えない

などなど、自分たちの言葉でまとめていました。

授業へGO‼・256

image

1年1組音楽 指導者SA教諭

image

6年1組 理科

image

6年2組 総合的な学習の時間

授業へGO‼・255

image

自分の考えを友達に話したり、

image

相互指名をしたり、関わりながら学習していました。

平成30年12月18日(水)第5校時 2年1組 道徳科 指導者KY教諭

主題名 えこひいきしないで

 登場人物は3匹。ぴょんた と わんた と ぽんた。ぴょんたとわんたは親友。わんたとぽんたで遊んでいる際に、近所のおじさんが大事にしていた花壇にあやっまて入ってしまい、草花を踏み倒してしまう。そこへ現れた近所のおじさん。

2人が遊んでいるのを見ていたぴょんたは、「ぽんたさんがやりました。」と、わんたのことは隠しておじさんに言ってしまう、というお話から考えていきます。

 ついつい、仲の良い子の味方になったり、甘くなってしまうことがあります。この3匹の話はデフォルメされていますが、日常生活の些細な出来事の中では、子どもたちは多く体験していることです。そして、それを「えこひいき」と認識もしていないかもしれません。

 自分が正しい行為を行っているかどうかは、一度自分を客観的に見なおす必要があります。自分以外の立場で物事を捉えるからです。今回の題材の場合は、ぽんたの立場で考える必要があります。道徳の価値を学ぶとともに、考え方のい方法も学べるといいな、と思います。

 

授業へGO‼・254

image

慣れない楽器にも、

image

みんなで真剣に取り組んでいました。

平成30年12月17日(月)第5校時 柏葉学級 総合的な学習の時間

                      5年1組  音楽

                     指導者 SA教諭 KK教諭 YM教諭 SK教諭

単元名 5年生と一緒に和楽器に触れ合おう

 柏葉学級では、和太鼓の学習が週に1回行われており、2年生から6年生までの児童が、それぞれの課題に応じて練習を積み重ねています。5年生との交流学習も毎年継続している取組です。柏葉学級のみんなが5年生のお手本となって学習をすすめます。最後は、3人一組でぶち合わせ太鼓までチャレンジします。

 琴は、音楽の学習で扱う楽器です。5年生も柏葉学級のみんなも初めて触る楽器ですから、互いに助け合って、「喜びの歌」を弾きました。

 自然に声を掛け合いながら、練習できるのはとても素敵だと思います。

授業へGO‼・253

image

6年2組 家庭科

image

5年2組 柏葉学級 交流音楽

image

4年2組 社会科

授業へGO‼・251

image

グループでの話し合い

image

それぞれの意見を聞き合います。

平成30年11月20日(火)5校時 5年2組 総合的な学習の時間 指導者 IT教諭

単元名 世界の人が住みやすい街に ~多文化共生のためにできること~

地域で暮らす外国人とのかかわりを通して、外国人が多くすむ新宿の地域のよさや問題点を知り、文化や価値観に気づき、互いに認め合っていくことをねらいとした単元です。

まずは、新宿区に特徴を子どもたちに知らせます。23区内の中で、最も外国人人口が多いことや、約130ヶ国の人々がいること、などなど。

実際に、学級にも外国からきた友達がいます。基本的な事柄を押さえた後で、なぜ、外国人は、新宿にやってくるのか、を予想していきました。集まるってことは、住みやすい街なのか、自分たちにとってはどうなのか等々、友達と意見交換しながら、考えを広めていました。