banner

落一日記

 

 

 

 

11月28日(月)

「長縄タイム 11月」

 

長縄跳びのことは頻繁に当HPでも取り上げています。

本日も11月の長縄タイムが行われました。

この時間はたくさんの「いい顔」に会うことができます。

記録を目指して真剣に跳んでいる姿。大きな声で数をカウントしたり、仲間を励ましたり。

目標記録に達した時の歓喜の瞬間。クラス全員が躍り上がるように喜んでいます。

自分たちの記録を担当の教員に伝えているときの上気した表情。

残念ながら思うように記録が出せなかったクラスの表情。

何も成功だけがすべてではありません。あんな悔しい思いをできるのは真剣に取り組んだ証拠です。

元気出せ、まだまだ終わりじゃないよ、と声をかけたくなります。

今日もたくさんの「いい顔」に出会えました。

 

 

 

11月25日(金)

「なわとび旬間始まりました」

 

昨日の雪から一転、空からは日光が注ぎ、子供たちは元気に外で体を動かしています。

今日(正式には昨日から)から始まったなわとび旬間に全児童が取り組んでいます。

下の画像は昼休みの様子と、子供たちが取り組んでいるなわとびカードです。

カードには段階があり、銅メダルコース、銀メダルコース、金メダルコースの3枚に加えて、国民栄誉賞コースまでがあります。

ただ取り組んでいるだけでは目標がもちにくいので、カードの中には学年ごとの目安が示されています。

少し易しい段階を目安にしたことで、達成感を感じやすかったり、より高い目標に向かえたりがし易くなることをねらいました。

旬間が終わった時に今年の試みを検証して次年度へ修正を加えていきたいと思います。

image

昼休みの様子

image

左から銅・銀・金のコース

 

 

11月24日(木)

「54年ぶりの雪と運動タイム」

 

東京は11月の降雪は54年ぶりだそうです。

学校でも積雪に備えて、除雪作業や登校時の安全管理等について準備を進めていましたが、雨から雪に変わるタイミングが遅くなったおかげで、子供たちの登校にほとんど影響はありませんでした。

雪は徐々に強まり、登校時刻が終わるころには校庭にも積雪が目立つようになってきました。

本来ならば、短縄を使っての全校運動タイムがありましたが、本日は体育館に集合し、なわとび旬間に使用する「なわとびカード」の説明をしました。

今年も自分の記録にチャレンジしてほしいものです。

 

雪に関しては下校時も注意を喚起していきたいと思います。

image

image

image

image

 

 

11月21日(月)

「11月のおちいちギネス」

 

今月もおちいちギネスの日がやってきました。

今にも雨の降りそうな空の下、子供たちが元気に校庭・体育館・屋上にやってきました。

何とか雨に降られることなく、中休みと昼休みに全児童が自分の記録に挑戦することができました。

種目のほとんどは、ものを操作する運動です。

神経系統が著しく発達するのは、小学生年代の10歳から12歳頃が最後だといわれています。

言い換えれば、神経系統を駆使して行われる巧緻性が必要とされる動きの習得は、この時期が最も適しているといわれています。

持久力や筋力は高学年以降備わってくるので、今の時期には多様な運動を体験しましょう。

来月もおちいちギネスは行われます。

image

image

 

 

11月18日(金)

「5年生 ブラインドサッカー」

 

オリンピック・パラリンピック教育の内容に障害者スポーツ体験があります。

本日は1学期のシッティングバレーボール(4年生)に続き、5年生がブラインドサッカー体験をしました。

協会の方と実際の競技者の方が講師として来てくれました。

学習の詳しい内容は学年の部屋ページで後日掲載しますので、今日のところは体験の様子だけお知らせします。

競技者の方も体験する5年生もボールを扱うときはアイマスクを着用していました。

視界を完全に遮ってボールを扱うのは、相当難しいことなのが子供たちの様子から分かります。

特に競技者の方のドリブルの鮮やかさと比べると、その差は鮮明になります。

この競技体験を通して、子供たちがどんなことを感じ、日常に生かしていけるのか楽しみです。

 

image

image

 

 

11月18日(金)

「縦割り班遊び」

 

今日の朝の活動は縦割り班遊びです。

遊びの内容の特徴は、1年生でも楽しめるものがどの班でも取り上げられているところです。

簡単なルールのゲームをする班、低学年でも楽しめる跳び方を用いた長縄遊びなど。

6年生が班長を中心によく考えて企画していました。

異学年の友達と関わり合うことは、相手意識を育てることにも繋がっていくのではないでしょうか。

 

image

image

 

 

11月17日(木)

「音楽の集いへ向けた合同練習開始」

 

5・6年生は、11月29日に新宿文化センターで行われる「音楽の集いに」に出演します。

本日から5・6年生合同の練習が始まりました。

下の画像は合唱の並び方を決めているところです。

130人を超える児童数で舞台に上がりますので、並び方を決めるのにも時間が少々かかります。

アルトやソプラノのパートはもちろんのこと、学年配置や男女比、身長等も考慮しながら並び方を決めていきます。

実際の合唱練習の風景に関しては、また当HPでアップしたいと思っています。

全校の前で披露するのは、当日の朝に音楽朝会として、ということになると思います。

 

image

image

 

 

11月15日(火)

「朝遊び」

 

画像は、子供たちの朝遊びの様子です。

昨日の全校朝会で次週に「おちいちギネス」が行われることと、休み時間等を活用してギネスの練習をしてもよいことが告知されました。

子供たちは始業前から校庭に出て、ギネスの練習とともに体を動かす運動遊びを元気いっぱい楽しんでいます。

本校では8時10分に6年生が希望の鐘を鳴らし、全児童が入室します。

その後、朝の活動が始まるまでの10分間程度の時間は校庭で遊んでもよいことになっています。

数年前はほとんど見られなかった朝に体を動かしている姿が、最近は特にみられるようになってきました。

始業前に体を動かすことは学習にもとても効果があります。

トレーニングではなくて、友達同士で歓声を上げながら、運動タイムで夢中になりながら、と楽しみながら体を動かすと、たとえ短時間でも表情や気分が明るくなり、1時間目から学習への集中力が高いのが分かります。

朝、眠そうな表情で教室に入室してくる子供たちにも朝遊びをぜひ勧めたいと思いました。

 

 

image

image

 

 

11月14日(月)

「展覧会の片付けを頑張る5年生」

 

今日は朝から展覧会会場からの搬出が行われています。

その中で一番活躍してくれたのが5年生です。

展覧会の準備までは6年生が担ってくれました。

そしていよいよこの片付けから、すべての準備や復帰作業を5年生が行います。

言ってみれば、今日から最高学年としての力を発揮することができるのです。

作業は限られた時間の中で行われました。

他の学年は通常の授業中なので、手伝える大人も限られています。

しかし、そんな中でも5年生の子供たちは、よく動き、体育館を以前と同じ状態に戻していきました。

6年生に比べると、体格も表情もまだ幼く映りますが、着実に力を付けているのが分かり、とても嬉しいです。

来月は就学時検診で、次年度入学予定の幼児さんたちのお世話をします。

今後の5年生の活躍に注目です。

 

image

image

image

image

 

 

 

 

11月12日(土)

「平成28年度 展覧会 保護者鑑賞日」

 

昨日までの雨が上がり、とても良い天気になりました。

展覧会を観に来てくださった方、ありがとうございます。

会場を歩くと、たくさんの方々が参観してくださっています。

保護者鑑賞日とは言いますが、地域の方々も多数来場していただいているのが分かります。

6年生の造形活動にも、たくさんの方が足を運んでいただきました。

教室が暗くて、活動内容が分かりにくかったかもしれません。

それでも、6年生の表情を見ていると、自由な発想を形に表す楽しさを十分に堪能しているのが分かりました。

ご家庭でも、活動の内容についてぜひ対話をしてみてください。

 

 

image

image

5年生コーナー

image

4年生コーナー

image

6年生コーナー

image

4・5年生共同制作

image

3年生コーナー

image

1年生コーナー

image

2年生コーナー

image

5年生倉庫内

image

3年生立体

image

受付

image

6年生造形活動

image

6年生造形活動

 

 

11月11日(金)

「平成28年度 展覧会 児童鑑賞日」

 

本日から二日間の展覧会が始まりました。

今日は児童鑑賞日です。

自分の作った作品や友達の作った作品、そして異学年の友達の作った作品まで。

じっくりと鑑賞できるのは、他の行事にはない楽しみ方です。

鑑賞の仕方は様々です。

1人でじっくりと見て回る子、友達と会話をしながら見る子、感想をその場で記録に残す子、と。

鑑賞することはとても大事な学習です。

先日も当HPで紹介した5年生の美術館鑑賞教室のように、ものの見方は何通りもあり、それらを経験することは事象について考えたり、やり取りしたり、と「観て楽しむ」ことには多くの学びが隠されています。

 

下の画像は1年生の鑑賞風景を中心に載せました。

どんなことを思い、その思いを誰にどんな言葉で伝えるのでしょうか。

家でもぜひ聞いてあげてください。

家族の方々とも、多くの語らいがもてる機会になればとても嬉しいです。

image

image

image

image

image

image

 

 

11月10日(木)

「作品搬入」

 

明日からの展覧会に備えて、各学年の作品搬入が始まりました。

下の画像は1時間目に搬入を行った5年生です。

倉庫の中も使っての展示になるようです。

並べ方や置き方も考えながらの作業でした。

本番を見ていただくことを考えて、分かりにくい写真になってしまいました。

立体作品を壊れないように運ぶ様子から、自分の作ったものに対する子供たちの愛着が感じられました。

作品の出来栄えとともに、そんな内面に関することも話題にしてから観ていただけると、さらに楽しんでいただけるかもしれません。

image

image

 

 

11月8日(火)

「読み聞かせとブックトーク」

 

読書月間にちなみ、図書ボランティアの皆さんにご協力をいただいている取り組みを紹介します。

年間を通じて毎週火曜日は基本的には朝読書を行っています。

図書ボランティアの皆さんには、定期的に下学年の読み聞かせや上学年のブックトークをしていただいています。

特に今年度はブックトークに力を入れていただいています。

今日は4年生の教室でブックトークを行いました。

ご存知の方も多いと思いますが、本を読み聞かせるのではなく、テーマを決め、それにまつわる書籍を紹介しながら聞き手の興味関心を引き出していくのがブックトークの基本的な形態だそうです。

他にも時間に余裕があれば、決められたテーマに沿って図書室から3冊ほど借りてきて紹介し合うアクティビティもあるそうです。

今朝は「冒険」や「宇宙」をテーマに行われたブックトークをのぞくことができました。

子供たちも、真剣に耳を傾けていました。

 

image

3年生へ読み聞かせです。

image

「冒険」をテーマにブックトークです。

image

話に引き込まれます。

image

「宇宙」をテーマにブックトークです。

 

 

11月8日(火)

「展覧会準備進む」

 

昨日の6校時、6年生が体育館の模様替えをしてくれました。

普段使っている体育用具をフロアや倉庫から全部出し、机やパネルを運び込みます。

みんなで協力して短時間で終わらせることができるところは、さすが落一小の最高学年です。

明日からこの会場に子供たちの作品が運び込まれます。

土曜日までは運動の場ではなく、芸術の場へと変身です。

image

image

 

 

 

  

 

 

11月7日(月)

「代表委員会によるユニセフ募金総額発表」

 

ユニセフ募金の募金額を代表委員会の児童が計算し、今朝の全校朝会で発表しました。

総額で4万円近くのお金が集まったようです。

代表委員会の児童が募金への呼びかけをするための寸劇の準備から始まり、募金総額の発表まで、最後まで意欲的に活動している姿がとても立派でした。

 

 

image

 

 

11月4日(金)

「税に関する絵はがきコンクール受賞作品について」

 

公益財団法人新宿法人会女性部会主催の税に関する絵はがきコンクールにおいて、本校の児童が表彰されました。

表彰は校長室で行われ、表彰状と記念品が新宿法人会の方より送られました。

今年の表彰は、6年生の東山美藍さんが最優秀賞、5年生の西田絢奏さんが女性部会長賞をいただきました。

表彰式の模様と受賞作品を当HPで紹介します。

image

新宿法人会の皆さんと

image

左が西田さん、右が東山さんの作品です。

 

 

11月4日(金)

「小中連携協議会」

 

本日の5校時、小中連携協議会を行い、全学級が授業公開をしました。

この協議会は、落合中学校学区の小学校と落合中学校が連携教育について研究し、互いの意見を交換し合う場です。

今年の秋は落一小の授業公開となり、落合中学校と落四小の教員が授業を参観後、小中の連携について意見交換をしあいました。

image

image

image

image

 

 

11月1日(火)

「図書ボランティアの皆さん」

 

今日から始まった落一小の読書月間。

落一小の読書活動は、保護者の有志で構成されている図書ボランティアの皆さんに支えられています。

今朝も行われた低・中学年への読み聞かせやブックトークは、子供たちの楽しみとして定着しています。

その他にも、図書室への季節の飾りつけや蔵書の美化も継続して行ってくださっています。

今日は廊下の飾りを、ハロインから次の季節のものへと変えてくださっていました。

どんな装飾なのかは、ぜひ足をお運びいただき確かめてみてください。

図書ボランティアの皆さん、いつもありがとうございます。

image

天井から何が下がるのかな

image

本をきれいに磨いてくださっています