banner

落一日記

 

 

2月

 

 

2月22日(水)

「5年生 環境学習発表」

 

朝の活動で、5年生の代表児童が環境学習の発表を全校に向けて行いました。

これは、1月28日に落合第二地域センターで行ったものと同じ内容です。

環境を守るための解決策を、発信する発表会となりました。

プレゼン画面を動かす機器の操作も自分たちで行います。

さすが高学年です。

image

image

image

image

 

 

2月21日(火)

「6年生 がんの授業二日目」

 

先週の14日に続いて、2回目のがんの授業が行われました。

今回は、がんを予防するための方法を考えて発表する授業となりました。

子供たちの意見は医療的なもの、生活習慣に基づくもの等、多岐にわたっていました。

この授業は、がんという病気だけに的を絞ったものではなく、生涯にわたって自身の健康について考えていける資質を養うことをねらって毎年行っています。

image

image

image

image

 

 

2月16日(木)

「児童集会 新しい三択クイズ」

 

本日の朝の活動は、集会委員会児童が主催する「新しい三択クイズ」でした。

校庭を1から3までの三つのグリッドに分け、三択クイズが出題されます。

児童は自分の意志で1・2・3のうちの選択肢を選び移動。

正解の番号のゾーンにいる児童だけが、校庭を前に進めます。

このようにして、3問正解したらゴールできるシステムです。

文章の説明では分かりにくいかもしれません。

計画と立案は集会委員の児童が考えたそうです。

司会進行も5年生児童を中心に立派に行っていました。

 

image

image

 

 

2月14日(火)

「6年生 保健領域 がんの授業初日」

 

本日と来週21日の2回、6年生で「がんの授業」を行います。

本校としては、今年で3回目となりました。

今回も、東京女子医大病院がんセンター長の林和彦先生をお迎えして、担任、養護教諭とともに3人で授業を行っています。

授業自体はがんという病気そのものを学ぶのではなく、自分の生活や健康について、自己の振り返りやグループでの討論をしながら考えていきます。

林先生からは、がんという病気への向かい方や、家族としてできることなどを紹介していただきました。

次回は21日に行います。

image

image

image

image

 

 

2月11日(土)

「学校公開」

 

本日、学校公開を行っています。

午前中の授業が終わりました。

普段通りの授業や、ゲストティーチャーを迎えたり、地域・保護者の方々との触れ合いがあったりと、公開ならではの授業も行われています。

6年生は新宿税務署の方を講師にお迎えし、租税教室を行いました。

税金の種類を知ることから、その使い道について独自のアイディアを考える場面もあったそうです。

3年生は新宿歴史博物館の職員の方を講師にお迎えして、昔の人の暮らしや道具を知る授業を行いました。

1学期から続けてきた地域学習も、いよいよ歴史的分野に入ったようです。

1年生は生活科の「昔遊び」を地域の方をお迎えして行いました。

保護者の方ともたくさんの触れ合いがあったようです。

 

image

6年生 租税教室

image

6年生 租税教室

image

3年生 地域の歴史

image

3年生 地域の歴史

image

1年生 けん玉

image

1年生 あやとり

image

1年生 羽子板

image

1年生 お手玉