〒161-0033  東京都新宿区下落合2-9-34  TEL: 03-3565-0942  FAX: 03-3565-0979

banner

校長室より(校長講話)


2018年07月10日全校朝会落合蛍
2018年07月02日全校朝会文月 短冊に願いを込めて
2018年06月19日全校朝会「恩師」
2018年06月11日全校朝会美術鑑賞教室
2018年05月29日全校朝会ふれあい月間
2018年05月21日全校朝会「美しく敗れることを恥じと思うな、無様に勝つことを恥じと思え。」
2018年05月07日全校朝会気もちを切り替えて
2018年05月02日全校朝会あいさつ、感謝の気持ち
2018年04月18日全校朝会心機一転

201807/10全校朝会

落合蛍

 おととい、昨日とおとめ山公園で「ホタル観賞会の夕べ」が開催されました。

私も昨日行かせていただきました。会場で会った人もいましたね。このあたりの蛍は江戸時代には「落合蛍」として知られ、江戸時代から蛍の名所だったそうです。神田上水と妙正寺川の清流が落ち合うことが由来と言われる「落合」の蛍は大きくてひときわ明るかったそうです。

「落合蛍を育てる会」の方が大切に育て、今年で18回目だそうです。

おとめ山公園の湧き水は「東京の名湧水57選」にも選ばれていて、ホタル舎の中では、神秘的な光で飛び交っている蛍を鑑賞することができました。

 明日は6時から落四小のコミュニティルームに「落合蛍を育てる会」の方が蛍を運んでくださり、落四小の中で「ホタル観賞の夕べ」が開かれます。時間がある人はぜひ、おうちの方と一緒に来てください。

今、6年生は総合的な学習の時間で落合蛍について調べているそうです。2学期のその成果の発表も楽しみです。

(本間基史)

201807/02全校朝会

文月 短冊に願いを込めて

7月になりました。7月は「文月(ふみづき)」といいます。短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈った七夕の行事に因んだ「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。また、穂が見えるようになる頃であることから「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。

 今、3年1組の廊下に落合第四小学校について読んだ俳句が掲示されていました。どの作品もみんな良くて、微笑ましかったり、うれしい気持ちになったりします。いくつか紹介します。

・落四はみんななかよし元気だな。

・いじめゼロみんなうれしい学校だ。

・落四はみんなやさしい学校だ。 

落四小の全員がそう思える学校にしたいと思います。

 七夕に飾る短冊の願いにこう記しました。

「いじめゼロ 落四のみんなが楽しく通える学校になりますように」

 夏休みまで学校に登校するのは15日くらいです。熱中症やプールでのけがもなく、安全に過ごしましょう。

(本間基史)

201806/19全校朝会

「恩師」

今日は3つお話します。一つ目、朝のあいさつで校門に立っていたら、校門横のアガパンサスの花の茎がぽきっと折れていました。校門の外ですし、故意かどうかもわかりませんし、風で折れたのかもしれません。

いつも主事さんが、落四小に来る方をお迎えするため、みんなのために花を育ててきれいにしてくれています。ボールをぶつけたり、踏んだりしないよう気を付けましょうね。

二つ目、「恩師」ということばを紹介します。恩師とは「教えを受けて 恩のある先生」の意味です。恩師というと私が高校生の時の担任の小出先生という先生を思い出します。3年間担任をしていただいたのですが、怖い先生でいつも怒られてばかりいました。もう一人は大人になって学校の先生になってからの恩師です。それは私が落四小学校で図工の専科だった時の校長先生で山田武雄校長先生です。山田先生と同じ学校で校長として勤められて、とてもうれしく思っています。今でも山田元校長先生とはお会いして、教えていただいています。

なぜ、今日「恩師」の話をしたかというと、高校の時の「恩師」の小出先生が「本間君の勤める学校を見に行きたい。」と言って今日いらっしゃるからなんです。

三つ目、サッカーのワールドカップロシア大会が始まりましたね。ポルトガルとスペインの試合はすごかったですね。あさっては日本代表がコロンビア代表と戦いますね。応援しましょう。

(本間基史)

201806/11全校朝会

美術鑑賞教室

今日はこれから4年生が「損保ジャパン日本興亜美術館」に美術鑑賞教室にでかけます。損保ジャパン日本興亜美術館にかぎらず、美術館に行ったことがある人はどれくらいいますか?

新宿区の小中学校では美術館に実際に行って、作品を鑑賞して美術館のスタッフの方と対話する対話型鑑賞教室を実施しています。

対話型鑑賞でどんな感じでしょうか?ちょっとやってみましょう。

「この作品からどのような感じがしますか?」

「それは、どこからそのように思いましたか?」

「色ですか?形からですか?」

作品の見方に正解はありません。友達が同じ作品を観ても違う感じをもっていることを知ることも大切です。

今、展示されているターナー展は7月10日まで、他の展覧会でもぜひ、家の人と一緒に美術館に行ってみましょう。心が豊かになります。

(本間基史)

201805/29全校朝会

ふれあい月間

運動会ではどの学年もがんばりました。かけっこでは最後まで全力で駆け抜ける姿、表現では一生懸命な姿が伝わってきました。この前向きな姿を運動会の後の学校生活にも生かしていきましょう。6月は「ふれあい月間」です。みんなに困っていることのアンケートを実施します。いじめには12の定義があります。

1身体的ないじめ(たたく・つねる・ける・押す等)2無視3セクハラいじめ(ズボンをおろす等) 4嫌なことをさせる 5陰口6物かくし、落書き 7ネットいじめ 8うわさをながす 9笑いものにする 10暴言 11わざと間違った情報を与える 12勉強などを妨害する

このようなことはいじめです。困ったことがあったら、すぐに身近な大人に相談してください。校長先生はみんなが落合第四小学校に行くのが楽しいと思える学校にしたいと思っています。先生や主事さんたちも同じ思いです。「ふれあい月間」のアンケートに書くこと、直接相談できる人は担任の先生でも専科の先生でも保健室でもスクールカウンセラーのいる相談室でも校長室でも来てください。いじめのない学校にしましょう。

5月27日にはおとめ山で緑祭りがあり、落四の3年生と2年生が「やまぼうし」という木を新宿区の区長さんと一緒に植樹しました。とてもいい記念になりましたね。

(本間基史)

201805/21全校朝会

「美しく敗れることを恥じと思うな、無様に勝つことを恥じと思え。」

今週の土曜日には運動会です。スポーツの格言について調べてみました。日大のアメリカンフットボールの選手が関学のQBの選手がプレーを終えた後に、ルール違反のタックルをしました。監督の指示かは、まだわかりませんが、ただルールを守れないばかりか、故意に相手を怪我させるプレーはいけませんね。

校長先生が一番好きな選手で監督でもあった、オランダ代表でもバルセロセナというチームでも活躍したヨハンクライフが言っています。

「美しく敗れることを恥じと思うな、無様に勝つことを恥じと思え。」

汚い手や卑怯なことをして勝つよりも、一生懸命、いいプレイをすることが大切ということです。運動会も勝ち負けよりも、その途中が大切です。

最後まで走り切る、学年で協力して表現することを目指して、練習に取り組んでください。

昨日は幼稚園のスペイン人の保護者のお父さんに誘っていただいて、フットサルをしました。足がもつれたり、ボールがうまくコントロールできなかったりしたのですが、ボールを一生懸命追い、ディフェンスにもどり、勝ち負けよりもいい汗をかいてすがすがしい思いをしました。

週末は暑くなりそうですが、いい運動会にしましょう。

(本間基史)

201805/07全校朝会

気もちを切り替えて

GWが終わりました。この連休に家族で旅行した人、スポーツをがんばった人、ゆっくり体を休めた人、美術館やコンサートなどの催しに行った人などいろいろでしょう。校長先生は箱根の大涌谷に行ってきました。

火山活動によって立ち入り禁止になっていたのですが、規制解除されてから登ってきました。大涌谷は約3000年前の箱根火山爆発によってできた火口の跡と言われています。噴気地帯の中では最も大きく、「地獄谷」とも言われています。今でも煙が出ていて、硫黄のにおいもすごくて迫力満点の景色が広がっていました。有名な黒卵も食べてきました。生卵を温泉池でゆでると地熱と火山ガスの科学反応で黒い殻のゆで卵になります。

黒卵を食べると7年寿命が延びると言われています。

校長先生もGWでリフレッシュしてきました。みなさんも連休ぼけにならないよう気持ちを切り替えて、勉強に運動会の練習にがんばりましょう。

(本間基史)

201805/02全校朝会

あいさつ、感謝の気持ち

  今日は3つのことを話します。今日からあいさつ週間が始まります。地域の方もみなさんのために、朝早くから校門で一緒にあいさつしてくださいます。きちんと立ち止まって、目を合わせて、大きな声であいさつできていますか?挨拶の挨は「押す」拶は「押し返す」という意味があるそうです。これは禅問答からきている言葉で「受け答える」という意味があるそうです。挨拶は一方的なものではなく返すもの、きちんと「おはようございます」と挨拶できるようにしましょう。

  もう一つは昨日の日曜日に落合第四小学校のブラスバンドが新宿区吹奏楽団の定期演奏会に招待演奏として新宿文化センターに出演しました。ブラスバンドは出演する度に曲目が増え、難しい楽曲をレパートリーに加えています。音もまとまって、すばらしい演奏でした。とても誇らしく思いました。いつのまに「ロック・アラウンド・ザ・クロック」という難曲を練習したのでしょう?朝練習と放課後練習しかないのは知っていますが、びっくりしました。

 いつのまにといえばもう一つの話です。校長室の蘭の花です。昨年の4月にいただいたものが今年も花を咲かせました。欄の花を咲かせるのは難しいのですが、主事の宮本さんが面倒をみて咲かせてくれました。宮本さんは学校の顔である、校門の花壇や玄関前の花壇の花を絶やすことなく育ててくれています。体育館入り口のボロボロだった壁をきれいにペンキを塗ってくれたのは児玉さんです。他にもいろいろなものを修理してくださっています。異動してきたばかりの岸さんも、早速、インターホンを修繕してくれました。

 このように、いつのまにか、みなさんが気付かないうちに環境を整えてくださっているのですよ。落四小には給食を調理してくださっている方や管理員さんや他にもみなさんのために働いてくださっている方はたくさんいます。ぜひ、お礼や感謝の言葉を伝えてください。

(本間基史)

201804/18全校朝会

心機一転

新しい学年になって登校2日目、みんなの目が期待に満ちてきらきらしていますね。

1月の全校朝会で校長先生は「1年の計は元旦にあり」という話をしました。

きっとみんな今年の目標を立てたことと思います。

三か月がたってどうですが?目標を実現するためにがんばっていますか?

目標が大きすぎて、やっぱり無理かなーと目標倒れになっていませんか?でも安心してください。私たちにはもう一度目標を立ててスタートするチャンスがあります。

それはまさに新学年の始まりであるこの4月なのです。この新学期4月にもう一度よく考えて、新たな目標を立てればいいのです。「心機一転」ということわざを紹介します。

ある動機をきっかけとして、すっかり気持ちがよい方向に変わること。また、あることをきっかけに、すっかり気持ちや心をよいほうに入れかえることです。ぜひ、「心機一転」して新学期がんばってください。

(本間基史)