image

校長室より

image

先生!見て見て!!

副校長 岡﨑 奈緒子

五月になりました。見事なスタートダッシュを切り、張り切っている子供たちですが、そろそろ疲れが見えてくる頃かも知れません。ご家庭での様子はいかがでしょうか?
校庭では、黄色い帽子の一年生が六年生と遊んでいます。「○○おにいちゃん」「○○おねえちゃん」とかわいい声で呼ばれ、六年生も嬉しそうにしています。微笑ましく眺めていると、近くでこんな声がしました。「先生、見て見て!できた!!」ここのところ一輪車に挑戦していた女の子の声です。側で手をたたいて喜んでいる先生の姿もあります。また、その向こうからは「見て見て~!」と言いながら、竹馬に乗って勇ましくこちらに歩いて来る男の子の姿が見えました。別の先生が「すごいね!乗れるようになったんだね」と声をかけ、周りの子供たちも拍手をおくっています。よく見ると周りの子供の学年はそれぞれ違いますし、手をたたいて喜んでいるのは、この子たちの担任ではありません。
私は、この光景こそが『鶴巻らしさ』だと思いました。鶴巻小では、子供たちに学年の壁はありません。学年が違っても一緒に遊び、一緒に掃除をします。また、私たち教職員にとっても、「担任でない」ことは、子供たちと関わる上では何の遠慮にもなりません。どの先生も子供たち全員を指導し、励まし、見守っています。
131名のつるっ子たちに大きな声で伝えたいです。「先生たちは、いつもみんなで、きみを見てるよ。自慢したい時も、悲しくて聞いてほしい時も、全部の先生がきみの先生だよ」と。これは、保護者の皆様にも同じです。子どもに関する心配な話題が多い昨今ですが、鶴巻小では教職員一丸となって子供たちを見て参ります。何かありましたら、いつでも、誰にでもご相談ください。新学期、よいスタートを切ったつるっ子たちが、元気に登校し、充実感をもって下校することができるよう、全力を尽くします。引き続きご協力のほどよろしくお願いします。

熊本を中心とした九州地方の震災に、子供たちも心を痛めているようです。学校では、自分たちに何ができるのかを考えさせるとともに、安全教育を丁寧に行います。ご家庭でも今一度、「東京防災」等を活用して、緊急時の行動や家の決まりごとを確認するようお願いします。