image

校長室より

image

こと」のちから

ふく校長こうちょう よしなり 

つるまきしょうがっこうしょしついりぐちには、
こんなてきけいされています。

ひとつのこと

ひとつのことでけんかして

ひとつのことでなかなおり

ひとつのことで あたまが下がり

ひとつのことで こころいた

ひとつのことで たのしくわら

ひとつのことで かされる

ひとつのことは それぞれに

ひとつの心を  もっている

きれいなことは きれいなこころ

やさしいことは やさしいこころ

ひとつのことを 大切たいせつ

ひとつのことを うつくしく

 だんなになくはっしている「こと」のなかには、そのひとこころうつされます。「ありがとう。」「がんってね。」「だいじょう?」など、あいおもいやったり、はげましたりすることは、まわりのひとなごませ、やさしいちにさせることができます。やさしいきれいなこと使つかっているとおたがいにやさしいちになっていくことができます。ぎゃくに、あいだいにしないじゃけんことは、あいかいおもいやかなしいおもいにさせ、ときにはけんかになってしまうこともあります。こと使つかかたによってまわりのひとしあわせなちにさせたり、かなしいおもいにさせたり、こころうごかすちからをもっています。
しょしつのこのたびに「こと」をたいせつにしていかなければとおもいます。つるまきしょうでは、やさしいことがたくさんこえてきます。これからも、あたたかいこと、きれいなことにあふれたがっこうとなるようきょうしょくいんいちどうちからを合わせてつとめてまいります。



校長室より記事リスト

平成30年度

1月

2月

3月

平成30年度

4月

5月

6月

7月