banner

開校99周年 共に進もう! 未来へ

淀橋第四小学校ホームページへようこそ!

image

image

 

 新宿区立淀橋第四小学校長  権田 伸子

 伝統ある本校を紹介します。

本校は、開校99周年を迎えた伝統ある学校です。区内で「淀橋」という名を冠する最後の小学校となり、保護者・地域の皆様も愛校心と誇りをもって学校を支えてくださっています。全校児童数は345名、12
クラスという新宿区内としては中規模校で、外国人児童のための日本語指導や開園49周年を迎えた幼稚園も併設されており、幼小連携教育も進めています。

本校の地域環境は、駅前のにぎやかさとは対照的な静かな住宅街、風情のある路地、長い歴史と伝統を思わせる木立やお寺・神社、留学生が行き交う日本語教育センター、広い公園、神田川の遊歩道。JRのガード下を抜けると、淀橋市場や活気ある商店・マンション・オフィス街が続き、その中にまた広い公園がある。新旧のよさがうまく調和した国際性豊かな活気ある地域です。子どもの居場所も多く、学習教材も豊富です。

校内環境は、本校の正門付近からは校庭で遊ぶ子どもたちの姿が一望でき、死角が少なく安全です。校内の廊下・教室・壁には木材が多く使われ、その木特有の温かさは子どもの心の安定には最適です。また、開放感のある教室、オープンスペースや淀四ルーム、展示室など贅沢なつくりになっています。ぜひ一度ご来校ください。

また、PTA・地域の皆様による「淀四地区子どもを守る会」「安全ボランティア」や環境整備・教育支援等様々なご支援をいただき、子どもたちは、地域の方々の目で温かく見守られながら成長しています。
平成26年度よりは「地域協働学校」としてスタートしました。地域協働学校運営協議会を中心とした学校支援部・学校評価部・連携活動の活動が本格的に動き出しています。学校支援部では、「学びのサポート」「みどりのサポート」「読書サポート」「安全サポート」のボランティア登録の組織化、学校評価部では、地域・家庭・学校が連携した学校評価の推進、連携活動では、地域の各種団体等との連携を進めています。本年度はさらに、「無理なく、継続できる」活動を積み上げていきます。


このように本校は、人的にも物的にも最高の教育環境が整っていると自負しております。

最後に、学校教育目標「・助け合う子ども ・考える子ども ・やりぬく子ども ・じょうぶな子ども」の達成に向け、目指す学校像と特色ある教育活動を紹介します。

<目指す学校像>

  ~子供一人一人が自らのよさを実現し、自らの可能性を広げていける学校~

○子供の伸びる可能性を広げる学校楽しさが子どもの可能性を開く・授業改善で生きる力をはぐくむ)

○豊かな人間関係を築くことができる学校

○いじめのない安全・安心の学校人権第一・安全第一・学校事故0を目指す)
○地域・保護者や児童に開かれ、信頼される学校奉仕的精神と迅速な対応で子ども第一の開かれた学校を目指す)
○子供の笑顔と喜びにあふれる学校

 

<主な特色ある教育活動>

○国際理解教育(東京日本語教育センターの留学生との交流、ALTを活用した英語活動)
○音楽活動(鼓笛、金管バンド、和太鼓など、地域と連携した情操教育)
○健康づくり(食育の充実、「早寝・早起き・朝ごはん」の推進、体育朝会、スポーツギネス新宿・マラソン・縄跳び週間の設定など)
○地域との交流(邦楽教室、茶道教室、図書館の活用、昔の道具体験など) 等