banner

インターネット利用規定

 

(本規定のねらい)
1.この規定は、新宿区立淀橋第四小学校(以下「本校」という)におけるインターネットの利用に関し、必要な項目を定めるものとする。 本校はインターネットの利用に際し、以下に定める規定に基づき、運用するものとする。


--------------------------------------------------------------------------------


(インターネット利用の基本)
2.本校においてインターネットを利用するにあたっては、その教育的効果に十分配慮し、「新宿区立小・中・養護学校におけるインターネットの利用に関する要綱(平成12年6月1日 12新教指第513号)」(以下「区利用要綱」という)に準じて行うものとする。


--------------------------------------------------------------------------------


(責任範囲)
3.本校の定めるサーバー内にある、学校のホームページに掲載された情報について、学校長は責任を負う。


--------------------------------------------------------------------------------


(取り扱い責任者)
4.学校長はインターネットの利用の適正を図るため、別に定める校内の情報教育担当者から取り扱い責任者をおくものとする。
(1) 情報教育担当者は、本校教職員の意見を採り入れながら、学校のホームページを作成する。
(2) 情報教育担当者は、インターネットの接続に必要な環境の設定に務める。


--------------------------------------------------------------------------------


(リンク)
5.本校のホームページに対する他からのリンクは、教育目的のものについては原則自由とする。また、著作権表示を明確にし、ページの複製等については、本校校長の同意の上認める旨をホームページ上に明記する。

6.本校のホームページから他のページへのリンクは、教育的効果を十分配慮し、設定するものとする。有害情報等が含まれると判断されたページへのリンクは設定しない。


--------------------------------------------------------------------------------


(セキュリティ)
7.インターネットを利用するに当たっては、個人情報およびデータ等の保護に努めるものとする。
(1) インターネットに接続するパソコンを特定し、それ以外のパソコンは直接インターネットに接続しないこととする。
(2) 個人情報を含むデータは、フロッピーディスク等のリムーバブルな媒体に保存して管理し、恒常的に外部のネットワークから閲覧できないように努めることとする。
(3) ウイルス(コンピュータシステムに何らかの被害を及ぼす目的で作られたプログラム)の被害を予防するため、最新のワクチン(ウイルスを発見し駆除するために作られたソフトウェア)によるウイルス検査を定期的に実施する。


--------------------------------------------------------------------------------


(電子メールの利用)
8.電子メールの利用については、公的な使用に限ることとする。


--------------------------------------------------------------------------------


(教師による指導の徹底)
9.インターネットを児童が利用する場合には、「区利用要綱」に準じ、十分なモラル指導と個人情報保護に留意するものとする。


--------------------------------------------------------------------------------


(インターネット利用規定の見直し)
10.学校教育におけるインターネット利用の進展に伴い、この校内規定に示した事項の見直しの必要が生じたときは、「区利用要綱」の規定と照らして、校内において十分な検討を経て、基準の見直しを行うものとする。