banner


banner


四谷第六小学校「いのちの学習」とは


「いのちは大事だから大切にしましょう」というスローガンだけの教育ではありません。
奇跡的でかけがえのないいのちを得た私たちが、どう生きていったらいいかという「生き方」の教育です。

「かけがえのない」とは


一人の人間が、この時代に、この場所で、この両親から生まれる確率は奇跡的です。
二人の親を20代前まで遡っていくと約210万人の親がいたことになります。
生まれてからこれまで、また、これからも一人では決して生きていくことができません。
そして、人間はすべて他の生き物のいのちを食することで生き続けています。
こんな大事なことを、私たちは忘れていないでしょうか?


なぜ今、「いのちの学習」か


学力低下論の中で、学力の国際比較や点数化できる学力ばかりが問題になっています。
でも、本当に問題なのは積極的に生きる意欲を喪失している80万人を超えるというニートや、人のいのちをもてあそぶような犯罪の低年齢化、自らいのちを絶ってしまう若者の増加です。
学ぶことの意義を見いだせず、生きることに希望も意味も見いだせない子どもたちに「学力向上」を叫んでも無意味です。
一人一人のかけがえのないいのちをいかして社会や時代に貢献できる生き方をすることこそ、幸せで豊かな生き方につながります。
そのような生き方を求めて自分のいのちを輝かせるために、学び続ける子どもたちを育てたいのです。

四谷第六小学校では「自分の生き方を見いだすことのできる力」が真の学力だと考えています。

<6年間の学習の流れ>

image




新宿区立四谷第六小学校 〒160-0015 東京都新宿区大京町30 TEL 03-3358-3767 FAX 03-3358-4048