banner

教育目標

 学校の教育目標>学校の教育目標を達成するための基本方針>学校経営方針

学校の教育目標                                   

人間尊重の精神を基に、国際的視野に立った、人間性豊かな人を育成する。

  • 自ら学ぶ人
  • たくましく生きる人
  • 地域社会を担う人

学校の教育目標を達成するための基本方針                 

  • 人権尊重の精神を基調として全教育活動を推進する。規範意識及び道徳性の育成を図るため、 家庭・地域社会と一体となって「心の教育」の充実を図る。
  • すべての生徒を、「教育目標」に示された姿に近づける教育活動を行い、特に国際都市「新宿」で異文化交流や人とのかかわりを重視した活 動を通し、豊かな人間性の育成を図る。
  • 学校教育目標を全教職員共通理解のもと、生徒自ら課題を設定し、自ら行動し、主体的に学ぶ力を育てる。
  • 学力向上を図るための全体計画を見直し、興味と関心・意欲をもたせ、基礎・基本の確実な定着と学力工場を目指す。
  • ティームティーチングや少人数指導、習熟度別学習形態、外国人指導助手(ALT)を活用した指導体制の工夫、改善を行い、基礎・基本の 確実な定着及び個に応じた指導の充実を図る。
  • 基礎・基本を重視し、実質的に指導に必要な年間授業時数を確保し、学力の充実を図る。
  • 学級活動・生徒会活動・学校行事及び部活動、地域活動を通し、健康や体力の向上及び健康増進に努めると共にたくましい心をもつ生徒の育 成を図る。
  • 若草学級との連携を重視し、日常的な交流の中で、互いを認め合い一人一人の個性と人格を大切にした指導に努める。
  • 土曜休業日が、計画的にかつ有効に使われるように、(家庭や地域の理解と協力を得て、)自ら考え、主体的に判断し行動できる生徒を育て る。
  • 職業体験等の啓発的な体験活動を中心に、勤労観・職業観を育み、組織的・系統的なキャリア教育を推進する。
  • 社会性を高めるために、「地域から学び、地域にホウシする中学生」を目指し、 地域の諸機関を連携した体験学習を重視する。
  • 学校ISOの理念に基づき、 地球の環境負荷の低減や環境保全の意識を高める活動を推進する。
  • 教育活動の充実を図るため、学校公開、外部評価、学校評議員制度を活用し、 地域に開かれた学校づくりを推進する。
  • ライフステージや職層に応じた研修の機会を活用し、 特別支援教育等の理解を指導に関する研修を深めると共に、 全校体制で、一人一人の生徒の良さ(興味・関心や学習への取り組み方)を生かす指導に努める。
  • 学校経営方針                              




    c 2010 Shinjuku City Shinjuku Junior High School All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
    掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます