banner

教育相談

新宿区および新宿中学校における教育相談窓口開設のお知らせ>(参考)いじめ発見のポイント

新宿区および新宿中学校における教育相談窓口開設のお知らせ                          


 最近、いじじめにより児童・生徒が自ら命を絶つという痛ましい事件が相次いで起きており、 保護者の皆様もご心配されているところと存じます。新宿区教育委員会および新宿中学校といたしましても、 深刻な事態と受け止め、いじめはどの学校にも、どの学級にも、どの生徒にも起こりうるものであるとの認識に立って、 いじめの問題への総点検を実施し、いじめ防止の取り組みについて更なる徹底を図っているところです。
しかしながら、いじめ防止の為には、早期発見と早期対応が欠かせません。 家庭や地域社会において生徒達が発するサインに気付かれましたら、 学校または区教育相談室等の相談窓口に是非ご相談ください。


 いじめ等についての教育相談窓口

電話による相談を受け付けておりますので、いじめに関することでご心配なこと等、 どんなことでもご相談ください。また、生徒本人からの相談も受け付けております。 その他、いじめに限らずお子さまについての相談には、さまざまな窓口がありますので、 詳しくは新宿区教育相談室までお電話ください。


   ・新宿中学校教育相談窓口     03-3205-4367

   ・新宿中学校                              03-3205-9673


   ・新宿区教育相談室                 03-3232-2711



(参考)いじめ発見のポイント                       

①家庭や地域での表情や態度
      □あいさつしても返さなくなった。    □視線をそらし、目をあわせようとしない。

②身体・服装
      □ケガの原因をあいまいにする。    □登校時に体の不調を訴える。

③持ち物・金銭
      □ノートや教科書に落書きがある。    □家から金品を持ち出す。

④言葉・言動
      □他の生徒から、言葉かけを全くされていない。

⑤遊び・友人関係
      □友達から不快に思う呼び方をされている。    □不自然な関係の中で、特定のグループと行動をともにしている。

⑥教師との関係
      □教師の話をしなくなる。    □教師とかかわろうとしない、避けようとする


c 2010 Shinjuku City Shinjuku Junior High School All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます