津久戸幼稚園

image   image   image   image  image   image

津久戸幼稚園の概要


image


全体的に木の温もりが感じられる落ち着いた雰囲気の保育室です。保育室は「自分のおうち」と思えるように配慮してあります。ソファー、中型積み木、制作コーナー、絵本コーナーなどがあり、子どもが能動的に遊びだすように環境設定してあります。遊びの幅を広げ、質のよい情緒が養えるような環境つくりも心がけています。


保育室(1)

 

保育室(2)


image

    

image

色々な遊具があります。

わっせ!わっせ!

こ~んなに広いよ!

屋外環境

季節折々の草花に囲まれています。いろいろな虫に出会い、その不思議さに歓声を上げたり、驚いたりはもちろん、草花を使って飽きることなく遊んだり、植物を育てて、みんなでお昼ごはんに調理して食べたりします。

園庭

広い砂場では砂や水の感触をたっぷり味わい、楽しく心地よい時間を満喫できます。ステップコンビネーション、滑り台・・・空間移動や手や足を柔軟に使う心地よく不思議な経験は、幼児にとって大切な動きです。

小学校の校庭

学校の児童が使わないときは、自由に走り回ったり、ビオトープをみたり、固定遊具を使ったりなどしています。人工芝になり、広々とした上にふかふかで気持ちのよい校庭です。体いっぱいのびのびと走ったり、寝ころんだりして遊ぶことができます。


みんなの部屋

 

みみちゃん

image


園児募集について

3歳児平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ

4歳児平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれ

5歳児平成25年4月2日~平成26年4月1日生まれ

見学について

0歳~3歳までのお子さんが火曜日の「つくどひよこクラブ」に遊びにきています。入園をご検討の方で、早めのご見学を希望される方は こちらのページ もご参照ください。

image

保育時間 

午前8時50分から午後2時まで
※4、5歳児は、月に1度、金曜日が午後1時までとなります。(区の研究会参加のため)月曜日から金曜日まで弁当が必要です。土曜日は休園日です。

納入金について

入園料1500円
保育料(月額)6000円
教材費(月額)900円
PTA会費(月額)600円

※保育料について

平成27年度より保育料が一律ではなくなりました。

子ども・子育て支援新制度により、区より支給認定を受けます。

それにより、保育料が決定されます。

image

交通案内
JR総武線 飯田橋下車東口 徒歩5分  
地下鉄有楽町線/東西線・南北線 B1出口 徒歩3分
大江戸線 C1出口 徒歩1分
厚生年金病院前(大久保通り)

image


津久戸幼稚園の教育目標

 

"仲良く遊ぶ子ども 元気に遊ぶ子ども よく考える子ども"


image

 

めざす幼稚園像 ―信頼に結ばれた幼稚園―

  • 子どもが安心して生活し、楽しく遊べる幼稚園
  • 親と子の「育ちの場」となる幼稚園
  • 新しい時代や社会の要請に答える幼稚園
  • 保護者、地域に愛される幼稚園

 

基本方針

  • 安全に生活し、人や自然にかかわりながら遊べる教育環境づくり
  • 心を育てる教育の充実
  • 基本的な生活習慣の自立を図る
  • 特色ある教育活動の実践

image

 

少人数のよさを生かした教育の推進

  • 一人ひとりの実情にあった細やかな指導の実施。
  • 一人ひとりが活かされる活動や行事を工夫し、互いの良さに気づき、認め合えるかかわりの育成。

 

健康な体・豊かな心を育てる教育の推進

体を動かす楽しさが味わえるよう、戸外活動やルールのある遊びを重視する。

  • 絵本の貸出し、親子読書、読み聞かせ会、地域図書館の活動など、豊かな心を育む教育。
  • 身近な自然の活用や親子栽培などをとおし、自然への興味関心、知的好奇心の育成。

image

 

保護者・地域との連携

保護者と共に進める保育の推進。

  • 地域行事への参加(神楽坂阿波踊り、地域清掃)。
  • 地域の人々との触れ合いや教育力の活動。

 

園内研究 ―研究主題―
「一人一人の幼児が輝く園生活を目指して」

image

 

人とかかわる力の育成

何でも言え、落着いて聞き、認め合い、助け合う集団の育成。親子のふれあいや未就園児、小学生、保育園児、地域の人々との触れ合いなどを取り入れた保育の推進。

 

小学校との連携教育

併設小学校との合同行事や遊びの交流、体験給食などを実施し、小学校への憧れの気持ちや期待感を育成。


image

 

園から保護者の皆様へメッセージ


image

家庭は、子どもにとっては、最初に出会う大切な社会です。小さな社会ですが、親の愛情に包まれながら、人間として歩み出す人間のベースとなる大切な環境です。その家庭で十分に受け止められ、親と子の安心感、安定感が形成され、基本的生活習慣などを身に付けてきた子どもたち。その子どもたちが、初めて出会うのが幼稚園です。

 

幼稚園という幼児教育施設は、幼児が、親以外の大人である教師と信頼関係を築き、集団での遊びや生活や活動(様々な行事などに参加すること)を通して、社会、文化、自然などに触れ、様々な経験や、様々な感情体験をしながら、家庭では体験できない「豊かさ」「英知」に沢山、出会う場です。

 

特に、津久戸幼稚園は、園長が校長という併設幼稚園です。小学生の全ての学年との交流もあり、音楽会、展覧会、学芸会、毎月行われる避難訓練など一緒に行います。学校の様子を日々目にしていますので「おおきいなー」「すごいなー」など小学生に憧れも感じています。又、幼児なりに「大きくなったらああいうことをするんだ・・・」などモニターリングもできます。入学後は、みんな滑らかに生活できていると、学校の先生方からも言われています。

image


教師との信頼関係のもとで

◎幼児の成長の基礎となる主体的、能動的な遊びが十分できるよう、環境と遊びの時間を保障します。
◎遊びを通して様々なもの、事象に興味・関心をもち、探索し、思考する・・・その過程を大切しています。
◎親のもとを離れ、教師との信頼関係をベースにしながら、遊びや生活を通して様々な人と触れ合い、かかわります。いろいろな感情体験をしながら、友達とかかわる楽しさを学びます。


image




image  image  image  image  image  image

image

コピーライト

津久戸幼稚園へのアクセス

お問い合わせ