banner

 image  

校長あいさつ
 

     新宿区立東戸山小学校
    校長  宇山 幸宏

 

 

素晴らしいところをたくさん見つけて、笑顔あふれる楽しい学校へ

~東戸山小学校から始めましょう!!~

 

 東戸山小学校は、素晴らしい学校です。時には失敗することもありますが、成長過程真っ只中の子どもたちは、笑顔一杯に登校し、上級生は下級生に思いやりをもって向き合い、たくましく一歩一歩成長しています。

コロナ禍は、私たちの日常生活や学校生活を一変させました。今まで当たり前のようにできていた学校行事が延期や中止せざるを得なくなり、児童一人ひとりの学習状況を丁寧に見取ることができる対面による指導ができなくなる時期もありました。

 私たちは、できるかできないかの二択ではなく、「どのようにすれば安全・安心に活動できるか」を常に考え続けていきます。全ては子どもたちのためです。私たちは、コロナに負けません。感染拡大防止策は継続しなければなりませんが、私は、直接、子どもたちが頑張っている姿を多くの保護者・地域の方々に見ていただきたいと思っています。

 それはなぜかというと、子どもたちの素晴らしいところを見つけて、学校でご家庭や地域で、たくさんほめていただきたいからです。子どもたちの自己肯定感は、私たちが想像しているより、はるかに低いです。子どもたちが前を向いて生きていくためには、温かくて心と体に残るエネルギーが必要です。すべての子どもたちが、一人ひとりが多様で、ありのままで今生きていることの素晴らしさを、学校・家庭・地域からの言葉掛けで思う存分実感してほしいと思っています。

 「自分にはよいところがある」と胸を張って発信できる子どもを学校、家庭、地域“みんな”で育てていきましょう!確かに、だめなものはだめ!と注意しなければいけないこともあるでしょう。何度注意しても同じ間違いや誤った行動をしてしまうこともあると思います。でも、『えらいよ、生きているだけで十分、えらいぞ!』と思って、寄り添っていく。

小学校を卒業するまで絶対にあきらめずに向き合い、卒業してからも心配は尽きませんが、夢と希望をもってたくましく生き続けていくと信じて願う。

 それが、私たち小学校教職員の使命です。

 この学校ホームページも、子どもたちと共に創り上げている「ひがと」の教育の軌跡を発信できるよう改編し、タイムリーに更新していきます。

 私は、学校でも、家庭でも、地域でもほめられる子どもが、コロナ禍でも前向きに生きていく子どもに成長することを確信しています。学校だけでは不十分です。ぜひ、お力をお寄せください。


 

東戸山小学校の教育目標◆

 

  人間尊重の精神を基調とし、知性と感性に富む心身ともに健康な「自立する子ども」
  の育成を目指し、次の目標を定める。

    ◎ すすんで学ぶ子【今年度の重点目標】

    〇 なかよく力を合わせる子 
    〇 心とからだをきたえる子