banner

学校経営方針(平成29年度)

1.学校経営の目標

image

2.学校の教育目標

 ○自ら学び行動する子ども

     自ら課題を持ち、創意・工夫を図り、粘り強くその解決にあたる子ども

 ○強い心とじょうぶな体の子ども

     何事にも根気強く取り組むとともに、心身ともに健康な子ども

 ○ルールを守り仲良く力を合わせる子ども

     規範意識をもち、誰とでも協力することができる子ども

 ○心の美しい思いやりのある子ども

     他者の立場や考えを尊重し、素直な心をもって相手とかかわれる子ども

3.経営の方針

「子どもが主役」の学校づくりを目指す。

そのためには、子どもと先生の信頼関係、保護者と先生(学校)の信頼関係、地域と学校の信頼関係、保護者と地域の信頼関係が必要である。そしてこの信頼関係を築くためには、学校(教師)・保護者・子ども・地域がそれぞれに責任を果たすことが大切である。それぞれが責任を果たし、互いの信頼関係が構築されることで、歴史ある戸山小学校で学び教えることへの誇りやこの地域で暮らすことへの誇りを持てると考える。そこで、今年度も昨年度に引き続き、新宿区立戸山小学校は、

キーワードは、「責任」「信頼」「誇り」

取り組みのキャッチフレーズは、「地域とともに子どもを育てる学校」とする。

 

①分かる、楽しい授業の展開

学校生活の中心は授業である。それが、楽しく、よく分かることによって、基礎・基本が身に付き、問題解決能力も高まる。また、望ましい習慣や態度が身に付き、考える力、行動する力も高まる。学習指導は、生活指導の基本でもある。子どもたちが主体的に生き生きと活躍する授業を進めていく。今年度も、算数科において少人数学習を行う。2年生から4年生までは、2クラスを3つのクラスに分け、単元によっては習熟度別学習も取り入れた学習に取り組む。5,6年生は2クラスを3つのコースに分けての習熟度別学習を展開する。習熟度別学習では、レジネステストから自己の能力にあったコースを選択することで、自分の学力についての振り返る力を身に付けることができる。

数値目標「算数学習の好感度を80%以上にする」(学期末に全児童にアンケート調査)

また、校内研究の主題を「学校生活の向上を基盤とした児童の健やかな成長」として、子どもたちの知徳体の健やかな成長を図るために、基本的な学習習慣を確立するように授業の改善を図る。

数値目標「各学年講師を招いての研究授業1回、学年での事前・事後の授業1回以上行う」

そして、ICT機器の整備が進んでいる新宿区の特徴を生かし、教員のICT活用を推進する。

数値目標「一人年1回以上ICT機器を活用した授業を管理職が観察する」

 

②学級・学年経営力の向上

各学年2学級の戸山小学校では、学年会で1週間の学習や行事の打ち合わせを行い、学年として統一した指導ができるようにしていく。

数値目標「週1回の学年会の完全実施」(週案簿での確認)

 

③長期休業中の教員の研修

長期休業中に教員塾を開催する。今年度は、体育科の実技研修や安全に関する指導を教育委員会と協働して行う。数値目標「夏季休業中2回、冬季休業中に1回、合計3回以上開催する」

 

④地域協働学校

新宿版コミュニティースクール「地域協働学校」として、地域の教育力を生かした学校教育を推進する。

・地域の町会や自治会の協力を得て、月1回の「あいさつ運動」を実施する。

・年間を通じての和太鼓の練習を地域の方々に依頼し、運動会や地域行事に子どもたちが積極的に参加する。

・近隣の海城中学・高、近隣高校と連携し、夏季休業中にワクワクスクール(ワークショップ)を行う。

スローガン「地域とともに子どもを育てる学校」

 

⑤家庭教育支援の充実

PTAと協働した、子育てのための家庭教育学級を実施する。 

 

⑥学校の情報公開性の向上

学校HPの「戸山日記」と「給食のページ」を毎日更新し、学校での子どもたちの様子を保護者や地域に公開し、学校の信頼性を高めていく。

数値目標「毎日学校の様子を戸山日記と給食のページにUPする」

「学校だより」「学校協議会だより」の随時掲載を行う。

 

⑥学校の情報公開性の向上

学校HPの「戸山日記」と「給食のページ」を毎日更新し、学校での子どもたちの様子を保護者や地域に公開し、学校の信頼性を高めていく。

数値目標「毎日学校の様子を戸山日記と給食のページにUPする」

「学校だより」「学校協議会だより」の随時掲載を行う。

 

⑦体力向上

体育授業の充実

1時間の体育学習で子どもたちの運動量を十分に確保する。また、休み時間には外遊びを促しし、日常的に体を動かす習慣を身に付ける。そのために教師も子どもとともに外遊びをする「共遊び」を実施する。

長なわとび・鉄棒運動の継続的な取り組み(休み時間等)

数値目標「共遊びを学期2回以上実施する」

 

⑧あいさつの推進

あいさつは、生活や美しい言葉遣いの基本である。さわやかなあいさつができる子どもたちに育てていく。

スローガン「あいさつと笑顔が自慢の戸山小」


(C)Toyama Elementary School
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます