banner

学校経営方針

                                                  学校長  小林 政雄

  学校の教育目標
  

人間尊重の精神を基調とし、国際社会の一員としての自覚と社会連帯意識をもち、自ら考え、

判断し、行動できる人間性豊かな児童の育成を目指し、次の目標を設定する。

                 〇 思いやりをもち助け合う子

                 〇 よく考え工夫する子

                 〇 たくましく元気な子

 

  めざす児童像
      

                〇 いろいろな場面で友達と仲よくかかわり、きまりを守る子ども

                〇 自分なりのめあてをもって、自ら学び続けていく子ども 

                心と体を鍛え、最後まで、やりとげようとする子ども

  

  めざす教師像
      

率先垂範の心で、常に真理を求める姿勢を忘れず、慈愛に満ちた指導をする教師

               〇 授業力のある教師

               〇 常に子どもたちとある教師

               〇 保護者・地域に信頼される教師

  

  学校経営の中期目標
 

      子ども一人ひとりに生き抜く力を育てる

     →不断の改善を図る教育実践の推進   

  ②地域に学び自らの学習意欲を向上させる力を育てる

     →家庭・地域・学校の協働による教育の推進

  ③子ども一人ひとりが生き生きと学ぶことができるようにする

     →個に応じた教育のより一層の推進

  

  平成26年度 学校経営の目標と具体的内容
 

 『一人ひとりが輝き、笑顔があふれる学校を目指す』

  1、児童一人ひとりの自己効力感を高める

    (1)認め合い、学び合える学級の雰囲気づくりと良さを生かした指導の充実

    (2)個に応じた指導を推進する

    (3)体験的な学習活動を工夫する

    (4)授業改善により「わかる」「できる」を保障する

  2、心と体の健康増進を図る

    (1)「子どもの心を捉えた指導」で基本的生活習慣や社会性、道徳性を育む

    (2)子ども一人ひとりが生き生きとし、活気ある教室となるように、日々の学級経営の

       充実に努める

    (3)学習意欲を喚起する教室環境の工夫

    (4)体力向上を目指し組織的に取り組む

  3、開かれた学校づくりを図る

    (1)保護者、地域の信頼と期待に応える努力をする

    (2)地域との連携を一層図り、協働体制を推進する

    (3)保育所、幼稚園、小学校の連携による教育活動の推進と地域諸団体と連携した

                 健全育成の推進

   4、学校運営と校内研究の活性化とPDCAマネージメントサイクルを生かした学校評価を

      推進する

    (1)組織的な教育活動の推進

    (2)教員としての力を高める充実した校内研究の推進

    (3)教師としての専門性を高める研修環境を整える

    (4)学校運営に適宜反映できる学校評価の工夫