banner

学校長あいさつ



 余丁町小学校は今年創立121周年を迎えます。



校舎は4階建て。その上には本校のシンボルである大きな時計台があり、時を刻むとともに、子どもたちを見守っています。近隣には、警視庁第八機動隊、国立国際医療研究センター病院や東京女子医大病院、若松地域センターなどの施設が立ち並ぶ一方、箱根山のある緑豊かな戸山公園、そして歌舞伎町の歓楽街にも歩いて行ける距離にあるなど、本校は多様性を感じさせる地域にあります。敷地内には幼稚園が併設され、東京女子医大病院内には病弱学級が設置されています。



 また、地域の皆様、保護者をはじめ多くの方々の温かい気持ちに支えられている学校でもあります。



 本校では、「全ての子が いたいと思える温かいクラスづくり・学校づくり わかった・できた・よく考えたと思える授業づくり 教師が誇りに思える学校づくり」を基本理念として、「主体的・対話的で深い学び」の視点に即した授業、挨拶や縦割り班活動、マラソンや縄跳びなどの体力向上に力を入れ、教職員一丸となって教育活動の充実に努めています。



                 



新宿区立余丁町小学校 校長 古谷勉