やすらぎと          にぎわいのまち        しんじゅく

 

                                                                                                                                     

【U S H I G O M E N A K A N O】

                                                      新宿区立牛込仲之小学校                                                                                                                            校 長   早藤 基代孝

                                          

 学校長あいさつ

令和4年度「チーム牛込仲之」スタート 笑顔あふれる牛込仲之小学校を目指して

 

 小学校生活へ期待に胸を膨らませた1年生53名を迎え、全校児童336名(12学級)で4年度がスタートしました。お子様のご入学・ご進級おめでとうございます。

 さて、私こと、4月1日付けで勝沼康夫校長の後を受け着任しました「早藤基代孝(はやふじ きよたか)」です。同じ牛込地区の江戸川小から異動して参りました。115年の歴史ある牛込仲之小に着任できましたことを大変嬉しく思います。私はこれまで2校で10年間、校長を務めてきましたが、一貫して「笑顔あふれる学校」を目指してきました。本校でも、子供たちや保護者・地域の皆様、教師の笑顔を引き出すために教育活動を工夫し、皆様から愛され信頼される牛込仲之小を継承していきたいと思います。これからどうぞよろしくお願いいたします。

 

牛込仲之小学校の学校教育目標は次の通りです。

 

○ 健康で明るい子

○ よく考え、工夫してやりとげる子

◎ 心やさしく思いやりのある子

 

・「健康で明るい子」は、心身共に健康な子供です。休み時間や体育授業、朝運動等で元気に体を動かし、挨拶や返事を気持ちよくできる子の育成を目指します。

・「よく考え、工夫してやりとげる子」は、「よく考える」「工夫する」「やりとげる」という3つの側面を大切にします。自分の考えをもち、互いに伝え合い、協働して解決する子供を育てていきます。

・「心やさしく思いやりのある子」は、自分も相手も大切にできる子供です。人を大切にするためには、相手を理解し相手の立場に立つことが大切です。今年度も昨年度に引き続き、「心やさしく思いやりのある子」に重点をおき、全教育活動を進めてまいります。
 本年度も、引き続きコロナ感染防止対策を十分行って、子供たちの命を守りながら、教育活動をいろいろと工夫していくことになります。あれができない、これができないと嘆くのではなく、「今、何ができるのか」、「今だからこそ何をすべきなのか」を考え、教職員一同、力を合わせて取り組んでまいります。皆様のご理解・ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 (学校便り4月号より)