四谷小学校

校長あいさつ  「地域と共に歩む地域協働学校」

校長  石井 正広

 

 

    四谷小学校は、平成19年にそれぞれ百年以上の歴史を誇った旧四谷第一小学校、四谷第三小学校、四谷第四小学校が統合して創立された「統合新校」であり、本年度は開校16年目を迎えます。3校の歴史と伝統、あふれるエネルギーを引け継いだ清新な21世紀型の小学校です。迎賓館の近くに位置し、教育熱心な保護者・PTA・地域に支えられて日々充実した教育活動を行っています。
 今年度、新宿区指定の「地域協働学校」として12年目となりました。月1回の学校運営協議会のもと、スマイルクラブ(保護者・地域サポーター)による教育活動を一層充実し、活動の「見える化」を推進します。
 四谷小では、
①子どもたちにとって「安心して自己実現ができる学校」
②保護者や地域にとって「信頼して協力できる学校」
③ 教職員にとって「協働して教育実践できる学校」
づくりに向けて、教職員一同が力を合わせて教育活動の推進に努めています。
 また、今年度も「よい子」「つよい子「やさしい子」の合い言葉のもと、日々の教育活動を通して、教育目標に掲げた
○ 自ら学び、よく考える子
○ 豊かな心をもち、思いやりのある子
○ 最後までやりぬく、たくましい子
を育てる教育活動を行っています。
    引き続き新型コロナウイルス感染防止に向けた取組を行うとともに、学校行事をはじめとする様々な教育活動の運営の仕方などを工夫し、できる限り実施することができるようにしていきます。
 また、和3年度からは、一人一台のタブレット端末が新宿区から貸与され、GIGAスクール構想がスタートしました。様々な場面で使ってみる段階から、効果的に教師も児童も活用していく段階に進んでいます。
   四谷小学校では、令和元年度・2年度に国立教育政策研究所教育課程研究指定校(小学校社会科)として、新しい小学校社会科の指導内容や学習評価の研究を進めてきました。その成果を生かして本年度以降も教職員が協働して「自分発ーみんな経由ー自分行き」の授業づくりについて研究をすすめ、子どもたちの学びに向かう力を高めてまいります。
   今年度も本校の教育活動にご理解、ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。


                                                        四谷小学校長 石井正広

 

 


地域協働学校 コミュニティスクール