image

校長室より


image

移動いどう教室きょうしつ」での成長せいちょう( ほめられることの心地ここちよさ )

校長 勝沼 康夫

先月せんげつの6がつ23にちから2はくで、6年ねんせい一緒いっしょ館山たてやま移動いどう教室きょうしつってきました。今回こんかい移動いどう教室きょうしつでは、全員ぜんいんが「ってよかった。たのしかった。最高さいこうおもができた。」とおもえるような移動いどう教室きょうしつにしたいというつよおもいをもっていどみました。そして移動教室後いどうきょうしつごには、子供こどもたちから担任たんにんとおしてつぎのような感想かんそうをもらいました。

ためになったこと や たのしかったこと、うれしかったこと とう

○ホテルでのマナーや食事しょくじ作法さほう
 実際じっさいおしえてもらい、とてもためになった。

○バスガイドさんのはなしをしっかりき、
 バスでのマナーのよさをほめられ、うれしかった。

説明せつめいなどのはなしをよくくことができ、
 すぐに行動こうどううつすことができてほめられたこと。

時間じかんまえ集合しゅうごうすることができて、ほめられたこと。

かり仕事しごと一生いっしょう懸命けんめいにやっているところをて、
 ほめられたこと。

仲間なかまごして、友達ともだちのよさを
いっぱい発見はっけんできたこと、とうとう

いちにちは、大雨おおあめでフェリーの欠航けっこう移動いどうとう大変たいへんなこともありましたが、全員ぜんいんから「たのしかった、
最高さいこうおもになった」という感想かんそうをもらいました。不思議ふしぎあたかい雰囲気ふんいき集団しゅうだんなかでは、喧嘩けんかこりません。みながおさきにどうぞとゆず気持きもちでごすことができました。「ほめられてびる」「ほめてばす」という言葉ことばがありますが、「ほめる」ことの大切たいせつさを実感じっかんしたみっ日間かかんでした。また今回こんかい移動いどう教室きょうしつでは、われわれ大人おとな子供こどもたちを「ほめることができる環境かんきょう」にするために、指導しどうなどにもいろいろと工夫くふうくわえていきました。

われわれ大人おとなころがけてのぞんだこと】

つぎ行程こうていの段だんどりをかんがえ、安全あんぜんめん子供こどもたちがよりうごきやすいように、シミュレーションすること。

事前じぜんにわかりやすい指示しじし、ほめてあげられる状況じょうきょうをつくること。

大人おとなみずからが手本てほんしめし、子供こどもたちにとってかりやすい、やりやすい状況じょうきょうをつくってあげること。

すくない人数にんずうかし、一人ひとり一人ひとりにじっくりい、のよさを見付みつけ、みとはげますこと。

のよさを、グループや全体ぜんたいひろげていくこと。そして、学年がくねん全体ぜんたいへよさの波はきゅうをしていくこと。

・「みとめられる心地こちよさ」「ほめられる心地こちよさ」「仲間なかまごせる心地こちよさ」を十分じゅうぶんあじわせること。

などをころがけて指導しどうのぞみました。

さて本校ほんこうでは、今年度こんねんど学校がっこう経営けいえい方針ほうしん重点じゅうてんに、「学級がっきゅう経営けいえい充実じゅうじつ」をかがげてんでいます。

ゆたかな学級がっきゅう経営けいえい基盤きばんとした授業じゅぎょうのユニバーサルデザイン

学級がっきゅう経営けいえい学力がくりょく向上こうじょう両輪りょうりんとした校内こうない研究けんきゅう

児童じどう一人ひとり一人ひとり所属しょぞくかんをもてる学級がっきゅう経営けいえい推進すいしん等々とうとう

たがいにみとい、はげましい、たかえる学級がっきゅうづくり」を目めざしていきます。そして「鶴巻つるまきしょうだからこそ」できる教育きょういく活動かつどうを、今後こんごも積極せっきょくてき推進すいしんしてまいります。


校長室より記事リスト

平成28年度

12月

1月

2月

3月

平成29年度

4月

5月

6月

7月